ロゴ
みどり幼児園
〒193-0841
東京都八王子市
裏高尾町674番地
TEL:042-661-8147
midoriyoujien@siren.ocn.ne.jp http://midori.tama.net
みどりようじえん
園だより

バックナンバー2004年度

バックナンバー2005年度

バックナンバー2006年度

バックナンバー2007年度

バックナンバー2008年度

バックナンバー2009年度

バックナンバー2010年度

バックナンバー2011年度

バックナンバー2012年度

バックナンバー2013年度

バックナンバー2014年度

バックナンバー2015年度

バックナンバー2016年度

バックナンバー2017年度

バックナンバー2018年度

バックナンバー2019年度

バックナンバー2020年度

2021年度
1月号
冬休み号
12月
11月号
7月号
6月号
5月号

4月号

4月号

  入園、進級、おめでとうございます

  いつになく早い春の盛りを迎え、新緑の美しい時期になりました。
  昨年はコロナの影響で子どもたちの姿がない寂しい春でしたが、今年は皆がお顔をそろえて新しいおともだ
  ち7人とともに新年度を迎えることができ、喜びもひとしおです。
 高尾山のふもとの小さな小さな園に、たくさんの思いを抱いて入園してくださる皆様とともに、子どもたち
にとってよりよい環境を作り、成長を確かめ合いながら楽しい日々にしていきたいと思います。
  春休み中に父母会で協力して購入していただいた物置が設置され遊具の出し入れがとてもしやすくなりま
した。また安全点検の日にはお部屋の中を隅々までお掃除をしていただきとても気持ちよくなりました。あ
りがとうございました。園庭のサクランボの実も大きくなり、のらぼう菜も収穫の最盛期になり、これから
が楽しみです。
  コロナ渦での不自由はまだ続きますが、子どもたちに必要なことは変わりません。 安心安全はもちろん
子ども目線での驚きや発見を大事にできる保育をしていきたいと職員一同気持ちを新たにしています。どう
  ぞよろしくお願いいたします。 
5月号

 コロナによる緊急事態宣言や活動の自粛など行事やイベントの変更、無償化継続に向けての働きかけや幼稚園類似施設の公の地位の獲得や理解の推進など、なんだか考えることがいっぱいの毎日。子どもたちは楽しいみどり幼児園の日々を過ごしています。
 年少ももちゃんは、おうちの人と離れて、自分で身のまわりのことをしたり何をして遊ぶのかを決めたり、ときどきお母さんが恋しくなりながらも、頑張っています。進級した子どもたちは、身体も気持ちも少しお兄さんお姉さんになっていて「たけさんだから」「ばらさんだから」と、ももちゃんのお世話をしたり、率先して片付けをしたり、頼もしい先輩です。(以前、学年ごとにクラスを分けていた時の、年少「もも」年中「たけ」年長「ばら」の呼び名を今も使っています。)
  昨年度はやれなかったこいのぼり飾りや、米の種まきがみんなでできました。子どもたちには、出来るだけ季節ごとの様々な体験をさせてあげたいです。どうぞみなさん健康で。
6月号

 夏のような日差しの日も増えてきました。水が入った田んぼで、感触を楽しみながら、遊ぶお友達は、「1000パーセント。つばめ号!」(?)などと、何かに変身して、大喜びで田んぼのなかを走っていくのですが…。すべると心配なこともあり、どうか80パーセントで走ってほしいと、ハラハラしながらお願いをするというか、ついガミガミ言ってしまうというか…。子どもたち、とても楽しそうです!  一方、田んぼで大はしゃぎしながら遊ぶお友達がちょっと気になるのか、眺めつつ、入るのはやめておくお友達もいます。
  そんな、どうしようかなあという時間も、大切なのだろうと思う日々です。
 お忙しいなか個人面談、ありがとうございました。日々に生かしていこうと思います。子どもたちも、大人も今年度の園生活を一緒に楽しんでいけたらと思います。また、面談期間にかかわらず、何か気になることなどありましたら、いつでもお知らせいただけると、ありたがいです。
7月号

 雨が降るたびに園庭の草木がぐんと伸び、緑色が深まっています。 そんな中、子どもたちが色を塗って作った新しい看板が可愛らしく良く映えています。
 梅雨の晴れ間の外遊びもたくさんできて、プールも数回できました。ムカデキッカーも毎日稼働、乗ったり押したり楽しそうに走っています。
 池のおたまじゃくしはカエルに、やごはトンボになって大騒動も収束の兆しです。全滅したかと思われたメダカの稚魚が発見され、たくましさにびっくり。
 畑に植えた芽キャベツについたあおむしは二つの苗を枯らしましたが、それを見た子は毎日あおむし取りをして何とか他の苗を守れそうです。大好きなカナヘビを捕まえて大好きなカマキリ(それも子どもの)を餌にあげたり、巣から落ちたのか死んでいた鳥のひなを埋めたり、日々「命とは何ぞや」の実践をしている子どもたち。みどりの自然はきれいごとではありません。 大人も考えさせられます。命について考え、大切にする子に育ちますように。
 1学期もあと少し。たくさん汗をかいて、たくさん遊んで、コロナにも他の病気にも負けない力をつけてほしいです。
11月号

 今年は、突然冬になったような気候で、ヒーターを一日中つける日が急に増えました。咳や鼻水でお休みの子も増えています。焼き芋大会やみてみて発表会、年長さんは登山遠足と、楽しい行事がいろいろあります。どうぞ元気に登園してください。
 登園してきた子どもたちは、元気いっぱい。少し暖かい日ははだしになってどろ水遊びをしたり、外でお弁当を食べたりしています。園庭の柿がたくさん収穫できました。渋柿もみんなでわいわいと収穫し干しました。毎日「もうたべられる?」と聞かれます。熟した渋柿を「あまーい!!」と食べる子もいます。そろそろたき火でお味噌汁作りなども始まるでしょうか。季節を満喫しています。
 運動会やバザー、日々の落葉掃きなど、たくさんのご協力ありがとうございます。
12月

 ようちえんの周りの紅葉がきれいな11月でした。朝晩と寒い日が増えてきましたが、日中は暖かい日も多く、外で元気に走りまわっている子がたくさんいました。もちろん喧嘩をして涙がでてしまうことはあるけれど、子ども同士で遊ぶ時間が増えているように思います。友達といっぱい遊んで、時々喧嘩して、心も身体もたくましくなっているのだろうなと感じています。

 今年も脱穀にもみすり、ありがとうございました。特に年長さんのもみすりが上手で、びっくりしました。みんなでおいしいお米をいただける日が楽しみですね。また、バザーや物置の整理などもありがとうございました。

 そして、みてみて発表会の練習もがんばっているみんなです。先生をまねてすぐに踊ってしまえる子。ドキドキして動けない子。ドキドキして違う動きになってしまう子。先生に良いアイディアを提案してくれる子。ひとりひとりの様子は違って見えても、どの子も、がんばっているのだなあと思うことが多い日々で、勉強させてもらいました。
おうちの人と一緒に、楽しい“みてみて発表会”になりますように。
冬休み号

大きな行事の続いた2学期ですが、みてみて発表会が終わった頃から、遊びが少し変わってきました。 発表会の練習の中で、学年ごとや一緒に踊った役のメンバーなどでの仲良しが深まり輪が広がったようです。 鬼ごっこ、中あて、だるまさんがころんだ、ドンじゃんけん、ケンパや、白線で線路を描いての電車ごっこなど、誰かが始めるとおれも私も、と次々入って大勢で遊んでいることが多くなりました。 ルールを守ったり、小さい年少さんなら大目に見たりしています。先日の懇談会で、運動会や発表会は練習も毎日楽しそうだった、という声をたくさんいただき嬉しくなりました。緊張やどきどきも、やれた、やりきった、という自信に変われば楽しく次のステップを踏めるんだなと思いました。 
 
  毎日の落ち葉掃き、ありがとうございました。園庭の木々もすっかり葉を落とし、葉陰の代わりに暖かい陽射しがいっぱいになりました。お弁当の時間になると毎日のように、「外で食べていい?」「デッキで食べていい?」「上(ツリーハウス)で食べていい?」と聞きに来ます。 陽射しや新鮮な空気の中で食べる気持ちよさをみんな知っているようです。
  畑に種をまいた白菜はお味噌汁になりました。焚火をして焼いたおいもは大人気で、食の細い子も美味しそうに食べていました。 しばらくぶら下がっていた干し柿も切り分けて少しずつ食べましたが、初めはかたくなに食べないと言っていた数人の子が意外にも食べて、おいしかったと言っていました。いろいろと味わえた12月でした。
 
 今学期も影に日向にたくさんのご協力をありがとうございました。 歌やゲーム、プレゼントなどがたくさんのお楽しみ会で2学期をしめくくりました。どうぞ皆さん元気で楽しいお正月をお迎えください。 
1月号

 あけましておめでとうございます。寒いお正月でした。初詣に行ったり、おじいちゃんおばあちゃんに会ったりできたでしょうか。健康第一で元気に登園してください。
 子どもたちが来ていない幼稚園は、しんとしていて寒くて冷蔵庫のようでした。元気なお顔が見られてうれしいです。みんなで霜柱や氷を見つけたり、焚き火をしたり、走り回ったり、雪遊びもできると良いですね。
 3学期も、まだまだ楽しい行事がたくさんあります。ご理解ご協力をお願いすることも多いと思います。子どもたちの心の糧になることを願っています。どうぞ本年もよろしくお願いいたします。
© Midori Yojien All Right Reserved.  e-mail  midoriyoujien@siren.ocn.ne.jp