ロゴ
みどり幼児園
〒193-0841
東京都八王子市
裏高尾町674番地
TEL:042-661-8147
midoriyoujien@siren.ocn.ne.jp http://midori.tama.net
みどりようじえん
園だより

バックナンバー2004年度

バックナンバー2005年度

バックナンバー2006年度

バックナンバー2007年度

バックナンバー2008年度

バックナンバー2009年度

バックナンバー2010年度

バックナンバー2011年度

バックナンバー2012年度

バックナンバー2013年度

バックナンバー2014年度

バックナンバー2015年度

バックナンバー2016年度

バックナンバー2018年度

2017年度
4月号
5月号
6月号
7月号
7月夏休み号
9月号
10月号

11月号
12月号
冬休み号
1月号
2月号
3月号
卒園記念号

卒園記念号

              卒園、修了、おめでとうございます

  厳しい寒さを乗り越え、園庭にも周辺の道にも花の彩りが戻ってきました。 
ぽかぽか陽気に誘われて出かけたおさんぽでは、満開の梅の下を歩いて、群生したオオイヌノフグリや菫をたくさん見つけました。おさんぽの途中で食べたみたらし団子の美味しかったこと!きっと子どもたちの心に残る「春のおやつ」だったと思います。
 
 今日、10人のばらさんが卒園の日を迎えました。たんぼや、畑、虫や木や花、水と土にたくさん触れて寒い日も暑い日も元気に遊んで大きくなりました。ワイワイと暮らす中で、考え方や感じ方の違うお友だちのこともわかるようになり、違うことをダメとするのではなく、寄り添ったり、さりげなく放っておいたりしている様子を見ていると、とらわれない自由な心が育っているんだなあと感心します。大きい集団となる小学校でも、たくさんのお友だちに触れ、知り、仲よく学びあってほしいと願います。

 たけさんは、面倒を見る小さいお友だちができてお兄さんお姉さんとして張り切った1年でした。遊びの種類も広がり仲間も増えましたが、思い通りにいかないこともたくさんあって、困ったり、怒ったりしたこともありました。どれも良い経験としてたくましくなってきました。ももちゃんは、いつも元気でマイペース。喜怒哀楽の豊かな子どもたちで、見ているだけで楽しかったです。どちらも4月からはさらに張り切って、成長ぶりを見せてくれると期待します。
 新メンバーでスタートした今年度も、大きな事故や怪我がなく無事に過ごせました。これも保護者の皆様の惜しみないご協力のたまものと心より感謝申し上げます。春休みもどうぞお元気でお過ごしください。ありがとうございました。                                           
3月号

例年以上に厳しい寒さの2月となり、初旬に降った雪でたくさん遊びました。みんなで作った大きなかまくらの中で寒さに震えながらも楽しそうにお弁当を食べたり、先生を一人敵に回して本気の雪合戦をしたりと楽しんでいました。そり遊びは、園庭がアイスバーンになってからも続き、築山からブランコまでの長い距離を滑っていて驚きました。冷たかったり、転んで痛かったりもしましたが、幼いころの雪遊びの楽しさは格別です。楽しい思い出がたくさん心に残ったことでしょう。
 マラソンは毎日「なんではしるの」「いつまではしるの」と不平も聞きましたが「今日も頑張ろう!」というと「えいえいオー」と声を上げて元気に走る毎日でした。転ばないように前を見て、足をしっかりと使い、大地を蹴って走ることが幼児期の体つくりにとてもいいと感じました。マラソン大会の当日はお母様たちも走っていただき、そのチャレンジする姿が子どもたちの励みにも自慢にもなったことと思います。ありがとうございました。また、お買い物ごっこでは知恵を絞り、手を使い、たくさんの品物を作りました。開店日には咽喉を涸らしてお客さんを呼び込み、売ったり買ったりとご満悦でした。
 3学期も残りわずかとなりましたが、元気に仲良くたくさんのいい思い出を作れるよう過ごしていきたいです。
2月号

風邪でお休みの子もようやく減ってきました。寒い中、頬や手を真っ赤にして雪遊びを満喫する子どもたち。「かまくらつくりたい!」「なかでおべんとうがたべられるくらいの!」それは無理でしょうと実は思っていましたが、みんなで頑張って、本当に中でお弁当を食べることができました!しかも6人も!(あの狭い中に6人も入って食べたということも驚きですが。)翌日にはとなりの家も完成しました。そり遊びや雪合戦もたくさんできました。
 マラソン練習やお買い物ごっこの品物作りもみんなやる気いっぱい、期待いっぱいで取り組んでいます。
 今年度も残りわずかとなりました。みんな元気に登園できますように。
1月号

あけましておめでとうございます。
 お天気に恵まれ穏やかな新年を迎えられたことと思います。親戚に会いに行ったり、初詣やおせち料理、お年玉など、この時期ならではの様々なイベントに子どもたちは心楽しく過ごしたことでしょう。
 前日のお掃除にはたくさんの方が来て下って、お部屋はすっきり明るくなりました。久しぶりの子どもたちのお顔も明るく皆元気そうで嬉しくなりました。

 さて今年度も3学期を残すだけとなりました。短いようで、たくさんお楽しみが詰まった学期であり、またまとめの時期でもあります。お友だちと遊ぶことや、助け合って何かをすること、時には譲ることが、楽しかったり、誇らしかったり、自信につながっていくように見守っていきたいと思います。
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。
冬休み号

 いよいよ園の水道が凍るほどの寒さになりました。登園すると、霜だらけの景色を見て「ゆきがふったみたい!」と歓声をあげ、前日にバケツに準備したお花やリュウノヒゲの実が入った水が凍っているのか確認しに行っています。寒い時期には寒い時期の楽しみがあるんですね。
 先日の懇談会では、運動会やみてみて発表会の感想や、お子さんの成長が感じられたという話などを伺えました。みなさん一人ひとりの話の合間に「そういえば一学期はそうでしたよね」と口を挟みたくなり、私も改めて子どもたちみんなの成長を感じることができました。ありがとうございました。

 待ちに待った収穫祭では、白米で31合のお米をおいしくいただきました。真っ白いきれいなごはんでした。脱穀や籾摺り、そして最後の選り分け作業、本当にありがとうございました。「みんなでがんばったから、一粒も残さないようにしよう!」きれいになったお茶碗をうれしそうに見せてくれました。

 よいお年をお迎えください。  
12月号

園庭や周りの山の木々の紅葉に囲まれてよく遊んだ11月でした。
 それぞれ小さなバケツを持ってドングリや葉っぱを拾いにおさんぽにも何度か行きました。「きれいなはっぱ」が必ずしも大人の思う色鮮やかなものではないことも面白く、皆自分の拾ったものを大喜びで壁面飾りにしました。
 また園庭の落ち葉掃きも楽しくて集めた葉っぱで遊んだり、畑に植えたキャベツやのらぼう菜の苗の霜よけに「おふとんだよ」と優しくかけていました。
 収穫した「みどり米」の脱穀、もみすり、ありがとうございました。おうちでの取り組みを見ているせいか、「だっこくしないとおこめがたべられないんだよ」と遊ぶ手を止めて手伝ってくれる年中さん、だまって牛乳パックを手に取りささっと脱穀して去っていく年長さん、それをみて「だっこくする」と来るももちゃん。「だっこく」が日常になっている珍しい幼稚園です。そしてお昼ごはんに出たごはんを食べている口元は本当においしそうです。
 みてみて発表会がいよいよ明日。できるだけ子どもたちの意見を尊重し、「やる気」を育てながら練習してきました。楽器を持って立つことも舞台に出てくることさえもたくさんの葛藤が秘められていることもあります。見えるやる気はもちろん、見えにくいやる気も感じ取っていただけたら嬉しいです。どうぞ最後までお楽しみください。
11月号

バザーが無事終了しました。みなさんお疲れ様でした。台風接近で一日中雨という前々からの予報に、きっと身内しか来ないだろう…とみんな心の内で思っていたことでしょう。当日の人の多さに、応援してくださっている人がこんなにいるんだなあとうれしくなりました。園に関わっている大人のはつらつとした様子をきっと感じてもらえたことでしょう。
 子どもたちは、運動会が終わりのんびりとした毎日です。雨が多く、室内で『いす取りゲーム』や『落ちた落ちた』『お茶をのみに来てください』など、みんなで楽しく、悔しくて泣いたり、ドキドキしたり、照れ臭くなったりしながら遊んでいます。『はないちもんめ』や『すもう』も人気です。ぼくが!!!わたしが!!!といつでも前に出てくる子だけではなく、年少さんやおとなしいタイプの子も「やりたい!」と言えるところが、少人数ならではの良さだと思います。次はみてみて発表会。そろそろ練習が始まります。みんなで楽しく作っていきたいと思います。
 寒い日が増えてきました。大人も子どももどうぞ元気に登園してください。
10月号

秋らしい風が吹いて園庭には金木犀の香りが満ちています。例年より
少し早い秋の訪れなのでしょうか。田んぼの稲の生育もよく、目4年目に
して初めて9月の稲刈りとなりました。丸く太ったお米が穂の先までびっし
りと稔って、みんなで食べる日が待ち遠しいです。

 運動会の練習が始まりました。 初めての子は緊張気味、2回目の子
は「これ知ってる!」と嬉しそう。ばらさんは、あこがれの種目、あこがれ
の小物使いにワクワクして練習が待ち遠しいようです。苦手なこともある
かと思いますが、普段は見向きもしないことでも、周りの雰囲気に押され
てやってみたくなったり、かっこ悪くても何度も何度も練習したりと、運動
会をきっかけに体だけではなく、心もたくましく成長出来たらいいなと思
います。どうぞおうちでも明るく励ましてください。そして当日はどの子に
も温かい声援を送っていただきたいと思います。お手伝いも、たくさん
お願いしていますがどうぞよろしくお願いいたします。皆で力を合わせて
楽しい運動会にしましょう。  

9月号

 夏らしい天気が少ない夏休みでしたが、みなさん楽しく過ごせましたか。園では、夏休みに入って早々、外壁の塗り替え工事を行いました。きれいになったことに皆さん気が付かれましたか。また、蒸し暑い中の草引きや、写真展では、ご協力ありがとうございました。
 NPO未来のイベント『夏みどり』は、1歳2歳の子どもたちや、園児も数名、遊びに来てくれました。残念ながらプール遊びはできませんでしたが、初の試みの夏季保育では、びっくりするくらいのプール日和となりました。『プールの日』とおうちで言われて登園したのか、普段はあまりプール遊びをしない子も、さっと水着に着替えて、終わりまで楽しそうに入っていました。また、初めて水遊びに加わった子もいました。少し環境が変わったことが良いきっかけになったようです。
 ブルーベリー、ゴーヤ、ナス、トマト、カボチャを収穫。小豆と綿もできそうです。田んぼのお米は、休み中に白い小さな花を咲かせ、実が詰まってきています。いよいよ実りの秋です。遠足や運動会、みてみて発表会など、行事がたくさんあります。いろんなことに挑戦できるよう後押ししたいと思います。引き続きご協力をよろしくお願いいたします。 
7月夏休み号

 新しいメンバーでスタートした1学期も夕涼み会を残すだけとなりました。毎日たくさんの新しいドラマが展開されて子どもたちのいろいろな表情をみることができました。お友だちと楽しそうに遊ぶ顔、逆上がりができて満面の笑顔、喧嘩をして「○○のこと一番嫌い」と悔しそうな泣き顔。そしてそのあと喧嘩したその二人がいつの間にか抱きついて遊んでいる姿。感情を100パーセント出し合ってぶつかることができると、仲直りも早いようです。4月に入園したまだ緊張気味の子どもたちも、1日も早く素のままの自分を出してぶつかっていけるように見守り、援助していきたいと思います。
 昨日は懇談会に引き続き、NPO虹のかけはしによるワークショップへのご参加ありがとうございました。また、暑い中での草引き、お掃除など園へのたくさんのご協力、ご尽力ありがとうございました。暑い夏になりそうですがご家族皆様どうぞお元気でお過ごしください。   
7月号

子どもたちは毎日それはよく遊んでいます。「きょうなんにもあそばなかったー」おかえりの時間になるとそういいにくる子がいます。「何をしてたの?」と聞くと「いろんなところをみにいってた」。その子は、行く先々で、虫捕りやどろ団子作り、ブランコ、鉄棒などにちょっとずつ混じっていました。『○○ごっこ』に「いれて」「いいよ」と言って始まる遊びだけが遊びではありません。次は「今日楽しかったことはなに?」と聞いてみようと思います。
 畑のキュウリが収穫できるようになりました。トマトも緑色の実がたくさんついていて、子どもたちは「もうあかくなったかなあ」と毎日様子を見に行っています。綿や小豆の芽も伸びてきました。少し細くて心配だった稲もずいぶんしっかりしてきました。みんなどんどん大きくなれ!
 疲れやすい時期です。どうぞ元気に登園してください。
6月号

 春先から園庭に次々と咲く花々。桜、椿、水仙、たんぽぽ、イエイオン、つつじ、あやめ、シロツメクサ、かたばみなどなど。蜜を吸ったり、泥ケーキの上に飾ったり、色水を作ったり、花束にしたりと大活躍です。
  トマトやキュウリの苗を年長さんがそっと植え、ひまわりと綿の種をみんなでまきました。絹さやをたくさん収穫し、生でも味わっていました。
 今年は池のオタマジャクシの成長をじっくり観察してきたので、音楽遊びでオタマジャクシの生態を表現したときにあまりにリアルで感心しました。そのオタマジャクシたちはようやくカエルになり始めて、毎日ピョンピョンとんで子どもたちと追いかけっこです。そんなこどもたちの頭上を飛ぶ燕は慣れた様子で田んぼに舞い降りて土を取っていきます。
  田んぼに水が入って1週間、毎日裸足で代掻きをして田植えに臨みました。おいしいお米ができますように。
 植物や小さな生き物を通して、お友だちとの会話が膨らんで
「じゃあ、こうしようよ!」「わたしもやる!」と、かかわる力も育っているなあと、感じています。小さな命の周りでたくさん感性を磨いてほしいです。
 個人面談では貴重なお話を伺うことができました。毎日の保育に生かしていこうと思います。ありがとうございました。
  暑くなってきますが、早寝早起きで元気に通ってください。
5月号

若葉が美しい季節となりました。のらぼう菜が収穫真っ盛りです。「たくさんもってかえりたーい!」と懸命に摘む子どもたち。その横の小さな池のオタマジャクシはそろそろカエルになりそうです。
年少ももちゃんは少しずつ園の一日の流れに慣れて来ました。朝の体操に並べるようになってきたり、お当番さんがいつ自分に回ってくるのか楽しみにしたり、お姉さんお兄さんを見習って頑張っています。
年中年長さんは、新しい仲間を迎えて、昨年度はあまり一緒に遊んでいなかった子たちが新しいお友だちを挟んで一緒遊ぶようになりました。ツリーハウスに登ったり、川ごっこをしたり、おうちごっこをしたり、外でもお部屋でも、時間が足りないくらいよく遊んでいます。
先日、種もみを蒔きました。いよいよ今年も米作りが始まります。みんなでおいしいお米を食べられるといいですね。
4月号

  入園、進級、おめでとうございます

  裏高尾に移転して11年目の春を迎えました。毎年少しずつ手を加えて整えてきた園庭に今年も春がやってきました。遅めの桜もようやく開花し、池のおたまじゃくしも大きくなりました。
 今年度も新しいお友達を10人お迎えして元気にスタートすることができ、喜びでいっぱいです。 
  

 忙しい生活の中では、とかく手のかからない方、面倒がない方へと流れてしまうことが多いと思いますが、みどり幼児園の中では徹底的に子どもたちのゆっくりした流れに寄り添って、手をかけることを惜しまず、どんな思いにも共感しながら日々過ごしていこうと思っています。大切な幼児期、そして初めてご家庭を離れての集団生活が、楽しく、実りある時間になるように職員一同力を合わせていく所存です。
 どうぞ気になることなどがありましたらなんでもご相談ください。一緒に子どもたちにとってよりよく楽しい環境を作っていきましょう。
 どうぞよろしくお願いいたします。 
© Midori Yojien All Right Reserved.  e-mail  midoriyoujien@siren.ocn.ne.jp