ロゴ
みどり幼児園
〒193-0841
東京都八王子市
裏高尾町674番地
TEL:042-661-8147
midoriyoujien@siren.ocn.ne.jp http://midori.tama.net
みどりようじえん
園だより

バックナンバー2004年度

バックナンバー2005年度

バックナンバー2006年度

バックナンバー2007年度

バックナンバー2008年度

バックナンバー2009年度

バックナンバー2010年度

バックナンバー2011年度

バックナンバー2012年度

バックナンバー2013年度

バックナンバー2015年度

バックナンバー2016年度

バックナンバー2017年度

2014年度
4月号
5月号
6月号
7月号
8月号
9月号
10月号

11月号
12月号
冬休み号
1月号
2月号
3月号
卒園記念号

卒園記念号

卒園、修了、おおめでとうございます

 梅の香りに包まれて穏やかな春を迎えました。

今日5人の子どもたちがみどり幼児園を巣立ちます。

入園したのは東日本大震災の翌年でした。まだ幼いお子さんを送迎に時間のかかるこの小さい園に入れることに不安がおありだったことと思います。保護者の皆様の肝の据わったお考えに心強さを感じ、気を引き締めたことを思い出します。

 低い段差もこわがっていた子が大縄を跳び、高い木にも登るようになり、言葉もうまく出せなかった子が、お友だちの名前を大声で呼びながら走り回るようになって、通った月日の長さと重さを感じます。個性豊かな成長ぶりが毎日楽しみな子どもたちでした。みどりでつけた自信を基にして大きくたくましく育っていってほしいと願います。


 年中さんは年度の途中でお友達が増えて、いちだんとにぎやかになりました。遊びのルールを自分たちで決めたり、その決めたルールが守れなくてけんかになったりと元気で目まぐるしい男の子。そんな様子を冷静に見て仲裁したり意見を言っている女の子。みんなお友だちと深くかかわりながら成長してきました。 年少さんはすべてが新しい体験の一年でしたが、どんなこともひるまず積極的に取り組み、やりたいやりたいの毎日だったように思います。来月からはまたお兄さんお姉さんとして違ったお顔が見られることでしょう。

 今年度はたんぼという新しい環境で様々な体験ができました。わからないことばかりでお手数をおかけしましたが惜しみなくご協力してくださる保護者の皆様のおかげでおいしいお米を食べることができました。係り活動、環境整備、給食、おやつ、その他園行事などたくさんのお手伝いに心より感謝いたします。ありがとうございました。
3月号

 一昨年園庭に移植した福寿草が3年目の花を咲かせました。毎日だれかが「ふくじゅそうさいてるよー」とどこか得意げに教えに来てくれます。みんなで植えたチューリップもかわいらしい芽を出しています。「きょうおみずあげていない!」「あげなくちゃ!」としっかりお世話をしています。


 残すところ2週間。朝のお支度がはかどらないももちゃんに「もうすぐたけさんだね。」と声をかけると、目をキラッとさせて、さっと支度を終わらせていました。人数が多く、いつも元気なたけさんが、先日のお誕生日会のお料理中に、落ち着いて順番を待ち、譲り合って包丁を使う様子を見て、どんなばらさんになるのかとても楽しみになりました。ばらさんは、浅川小学校に見学に行きました。緊張の面持ちで出発。授業の様子を見たり、卒園した先輩たちに会ったり、たくさん刺激を受けたようです。


 懇談会では、皆さんからいろいろな話を聞かせていただきました。子どもも大人も、みんなで作っている園なんだなあとあらためて実感しました。ありがとうございました。
2月号

3学期は新しいお友だちも増え、28人でスタートしました。お餅つき・ 手作り凧で凧上げ・福笑い・田んぼに張った氷でスケートや氷集め など この季節を楽しみました。冷たい雨の降る日には、お部屋で チケット売りごっこや、自動販売機ごっこなど いろいろな遊びが始まります。そして、つかの間の暖かな時には思わず裸足になって田んぼで泥遊びや お庭でお弁当をたべようよ! と。身体中のワクワクセンサーが 子ども達をそうさせるのでしょうか。すごいなぁ…と、びっくりしてしまいます。
先週から2月のおかいものごっこに向けて、ばらさん たけさん ももちゃんに分かれて品物作りに励んでいます。本当は何屋さんか当日までお楽しみにしたいところなのですが、 上手に品物ができて嬉しいももちゃんは、ついつい「〇〇つくったんだよー!」たけさんも 「〇〇つくったから、せんせいもかってもいいよ。」と言いにきてくれます。ばらさんは、製作中に様子を見に来た、ももちゃんや たけさんに 「ないしょだからみちゃだめー!」ときびしい一言も。
どんなお店が開店するか楽しみです。

寒いこの時期、風邪やインフルエンザも流行っています。しっかり睡眠をとり元気に登園できますようにお気をつけ下さい。
1月号

あけましておめでとうございます

 ご家族でにぎやかに楽しいお正月を迎えられたことと思います。  新聞やニュースを見ると、楽しいことばかりではなく未来への不安が増すことも多い昨今です。私が生まれ育った町の川は当時はヘドロで淀んでいましたが、今は小中学生を含む地域の力が行政を巻き込んで自然環境の復元に取り組み、魚の住める川になりました。子どもたちが安心して暮らすために残してあげるべきものは何なのか、それを実現するための小さな力になりたいものだと思います。
 さて、年末の写真展では、たくさんのお手伝いをしていただき、来場してくださった皆様から元気と笑顔をもらったと言っていただくことができました。ご協力ありがとうございました。
先月に引き続き今月も新しいお友だちが増えて27人の仲間になりました。思い切り遊んで、みんな仲良く元気に過ごしていきたいと思います。親子での行事もたくさんありますが、どうぞ無理なく楽しみながらご参加ください。
今年もどうぞよろしくお願いします。
冬休み号

園の水道が凍っていないか、朝どきどきしながら蛇口をひねる時期となりました。支度を終えて園庭に飛び出した子どもたちが、「たんぼがこおってる!」と顔を輝かせて教えに来てくれます。冷たさで手を真っ赤にしながらバケツに氷を集め、大事そうに抱えています。なんと、裸足で入ってみようとする子も!!あまりの冷たさにすぐに足を洗いに行きましたが。季節を満喫する毎日です。

   先日の懇談会では、運動会やみてみて発表会の感想を中心に、いろいろな話を伺うことができました。子どもも大人も楽しかったとの感想をたくさんいただき、とてもうれしく思いました。また、米の収穫作業では、食べる日に間に合うのか?と、ずいぶん心配をおかけしたようです。ラストスパートのすごかったこと…。たくさんのお手伝いありがとうございます。  今年度もあとは3学期の3ヶ月のみとなりました。みなさんのご理解ご協力のおかげでここまでやってこられました。ありがとうございました。 よいお年をお迎えください。

12月号

早いもので今年も残すところ1ヶ月となりました。
清明園のおじいちゃまおばあちゃま達と一緒にわらべ歌をうたったり、おいしい焼きいもをいただいた焼きいも大会。お天気のいい日 には「こんな日は おさんぽ に行かなくちゃ もったいない!」とお弁当を持って、どんぐり拾いのおさんぽへ。みんなで脱穀したみどり米をおいしくいただいた収穫祭。たっぷり秋を満喫した11月でした。
また、明日のみてみて発表会に向けて、ばら たけ もも に分かれ、踊りや歌、全員での合奏など、毎日少しずつ練習してきました。ドキドキしちゃう子。うれしはずかし落ち着かない子。早くやりたくて体が動いちゃう子。みんなのわくわくの演技をどうぞお楽しみに。

寒さも厳しくなりますが、冬休みまで元気に登園できますようご家庭でも体調管理をよろしくお願いします。

11月号

 朝晩の冷え込みも厳しくなり、デッキの干し柿も美味しそうです。
運動会、稲刈り、バザーとおおきな行事が無事に終わりました。どのイベントも保護者の皆様の心のこもったバックアップがあっての成功だと感謝しています。ありがとうございました。

 今も縄跳びや鉄棒が流行っていて運動会の時より上手になった子や、表現で使った曲を歌いながらごっこ遊びをしている子など、運動会の余波を楽しんでいます。
 虫、鳥、台風に負けず収穫できた喜びはひとしおですが、なんにもなくなった田んぼを見るとちょっとさびしくなります。
でもお部屋の中は乾燥した稲(わら)の匂いでいっぱいで、脱穀真っ盛り。農家の方にも「やったことない」と言われる手作業の脱穀精米に無謀にも挑戦中。しかしこれがなかなか考えさせられる作業です。

まず稲を片手で押えて実を外すにはそれぞれの手に微妙な力加減が必要です。強すぎるとお米が飛び散ったり茎が折れたりしますし、弱いととれません。とれたお米をつまむのは意外に指先の力がいります。外した藁を集めたり、一升瓶にお米を入れたり、本当にたくさんの「手」の仕事でなりたっています。
どれひとつとっても幼児には難しく、「もうやめる」という声があちこちから聞こえてきますが、この苦労を知ることが目的なので簡単にはいいよやめてとは言えません。。お米がとれないとおにぎりが食べられないよと励まして頑張らせます。続けているうちにだんだんコツもつかめてきて、午後の自由時間にもたくさんの子が脱穀をしていました。わらを外に運ぶ役を買って出たり、お米を拾う役になったり、頭もたくさん使って要領よく楽しく進めることができていました。

大変な苦労の中にも豊かな体験をしていた昔の人の生活や知恵にも思いを馳せ、貴重な体験ができるぜいたくをしみじみありがたく思いました。収穫祭でのお米はもちろん、やきいもや干し柿などおいしい11月を満喫したいと思います。 
10月号

 時折吹く風に秋が感じられるようになりました。日中はまだまだ暑いときもありますが、朝晩は上着が必要なほどです。
先日、日中の気温が30度近くまで上がった日、「きょうプールはいろう!」と数人の子に言われました。暑かったら当然プールという発想にたくましさを感じました。
運動会まであとわずか。運動会の競技は、その年の園の生活に関係のあるものや、子どもたちの普段の遊びの様子が伝わるもの、頑張ってほしいものなどを取り入れるようにしています。また、おうちの方に遊び体験をしていただきたいと思い、「え〜!」と声が上がりそうなものなど、みどりならではの競技ばかりです。
毎日の練習では、負けることが悔しくて泣く子、初めての競技に不安になる子、すごく緊張している子、なんだかよくわからなくて自由に遊び出す子、やる気いっぱいの子、いろいろです。最初からあきらめるのはだめですが、勝負や成果より全力でやるということを目標に、みんなで楽しい一日にしましょう。
大人も子どもも元気にその日を迎えられるよう体調管理をお願いします。たくさんのご協力、ありがとうございます。

9月号

長い夏休み、ご家庭で楽しく過ごされたことと思います。今日から2学期の始まりです。久しぶりに会った子どもたちは、少し背も伸びて、おにいさん おねえさん になった感じがしました。
 休みの間に園の田んぼでは、稲からすくすくと育った稲穂がそろい花も咲きました。かわいらしい苗から、りっぱな稲穂に成長し、これから収穫までが、また楽しみです。
 畑のミニトマトやブルーベリーもたくさん実りました。収穫したブルーベリーは、お誕生日会でみんなで食べたいと思います。
 2学期は、いろいろな行事があり、子どもたちにとっても実り多い時期です。やれるかな…やってみたい!やってみよう!そんな気持ちを大切に、しっかりと子どもたちの成長を見守っていきたいと思います。
8月号

 たくさん遊んだ1学期も明日の夕涼み会を残すだけとなりました。7月は暑い日が多く、プール遊び、水遊びもできました。畑のそばではバッタやコオロギがたくさん見られるようになりました。誰かが虫を取るとみんなでこれは○○だ、いや、そうじゃない△△だ、などみんなで頭を寄せ合って観察したり逃がすのか虫かごに入れるのかを大騒ぎで決めたりしています。園庭に道を作って水を流す川ごっこもすっかり定番になりましたが、最近は女の子や年少さんもよくせっせと水の入ったトロッコを押して泥だらけになっています。4月に入った子どもたちももうすっかり園の生活になじみ、裸足で遊ぶ姿が板についてきました。
 たんぼという新しい環境ができて、泥遊びから始まって、ツバメ、田植え、水やり、あめんぼ、タニシと、今までにない体験が増えました。水がなくなりかけると教えてくれたり、台風の後にぐっと伸びた稲の生長に気がついて、すごい大きくなってる!とびっくりしいた子も多く、みんなよく見ているなあと感心しています。
 夕涼み会では踊りに歌に、ゲームに、みんなで楽しく過ごしたいと思います。影絵は、年一回の 夜のイベントにぜひ子どもたちに見せたいと思い20年ほど続けています。素人仕事ですが、新作を考えたり、人形を作りかえたり音楽をリニューアルしたりと試行錯誤で準備しています。どうぞお楽しみに。
 園庭整備をはじめ、各係りのお仕事など、園の運営にたくさんご協力いただきありがとうございました。
長い夏休みになりますが、大人も子供もたくさん食べてたくさん遊んで、暑さに負けず元気にお過ごしください。
7月号

  不安定な気候が続いています。下痢と微熱という症状で欠席する子も多く、なんと私まで。ご迷惑ご心配をおかけしました。天候も体調もすっきりして夏を迎えたいものです。様子がいつもと違う場合は思い切ってお休みして、元気に登園してください。
  ある日。前日から続く雨でブランコの下に大きな水たまりができていました。まだ続く雨。「すごいみずたまり!」「あのみずたまりにはいりたい!」願いは天に届き雨が上がり、我先にとブランコへ。こぎながら水を足で勢いよく蹴散らし、順番待ちの列は泥水をかぶり大歓声。楽しかった〜。
  田んぼでは稲が順調に育っています。泥んこ遊びができなくなって少しがっかりした子もいるようですが。小さな畑が、たくさんの方のご協力ですっかり田んぼらしい田んぼになりました。天栄村から来たタニシも田んぼへ。みんなでおいしいお米が食べられるといいですね。

6月号

5月は天気のいい日は手をつないでおさんぽへ。暑い日には、水あそびやどろんこあそび。最初は裸足になるのも、どうしようかな…と、離れて見ていた新入児も、みんなの楽しそうな様子を見て、思わず裸足に。大きな水たまりの水をブランコをこぎながら、けちらして、大きな声をあげてうれしそうでした。
楽しみにしていた畑のいちごも赤くなり、やっと収穫。エンドウ豆も豊作でした。
プールの横の小さいおうちのペンキを塗り替え、板に書いた絵もトンカチを上手につかって打ち付けました。リフォームされたおうちを見て「あたらしい おうちみたいだね。」と うれそうでした。
また お部屋ではあおむし たにし 。お庭ではダンゴむしやちょうちょ。 そしてクワガタも見つけて、みんなびっくり。いろいろな自然を感じた5月でした。

先日は、畑の半分を田んぼにする為に、お父さんやお母さん達にもお手伝いしていただきました。子ども達も田植えの準備を少しずつ始めています。どんな風にお米ができるのか、子ども達と楽しみにしていきたいと思います。

今週はお忙しい中、個人面談にきていたたき、ありがとうございました。
園での様子をお伝えしたり、おうちでの様子をお聞きしたり、有意義な時間となりました。これからも園とおうちと連絡を取り合って、子ども達を見守っていきたいと思います。
5月号

  園の畑では、のらぼう菜がぐんぐん育ち、毎日のように収穫して持って帰ったり、お弁当のときにゆでていただいたりしています。こののらぼう菜は去年収穫したものから子どもたちが種を取って、秋に蒔いたものです。霜や大雪にも耐えて立派に育ちました。 その美味しさは格別です。
 さて、新しいメンバーでスタートして2週間が過ぎました。少しずつ緊張がとけて、その子らしさが見られるようになってきました。
 新入児はやる気満々。先生にべったりということがあまりなく、好きなことを見つけて遊んでいます。製作や、音楽遊びも「なにをやるんだろう?」と、わくわくして待っている様子がとてもかわいいです。
 進級児は「入れてって言わないとだめなんだよ〜」など、先輩風を吹かせながらも、新しいお友だちと上手にかかわっています。先日年長のばらさんが、ここで食べられるのはばらさんだけという「ツリーデッキでおべんとう」を初めて体験したときは本当に嬉しそうで、5人で盛り上がっていました。
 一カ月前までは全く興味のなかったことを試してみたり、上手になりたくて何度も何度も練習しているのを見ていると、大切なのは気持ちを育てることなのだと改めて気づかされます。やってみようという気持ちが一つでも多く育つよう、余計な口だし手出しを控えて日々見守っていきたいと思います。 
4月号

入園、進級おめでとうございます。色とりどりの花が咲き競い、新緑が芽吹き、園庭では小さな虫たちも活発に動き出しました。10名の新しいお友達を迎えて、22名で新年度が始まります。
大好きな家族のもとを離れ、自立した一人の人間として過ごす社会生活の第一歩です。人との関わりの楽しさをたくさん経験させてあげたいと思います。子どもと家族と職員と、みんなで楽しい一年を作っていきましょう。初めてのことや、3月までとは違う園の様子に、しばらくは不安や緊張があると思います。一人一人をしっかりと支えていきたいと思います。おうちのかたも些細なことでもどうぞお気軽にお話しください。
ご協力をお願いすることも多いと思いますが、よろしくお願いいたします。
© Midori Yojien All Right Reserved.  e-mail  midoriyoujien@siren.ocn.ne.jp