ロゴ
みどり幼児園
〒193-0841
東京都八王子市
裏高尾町674番地
TEL:042-661-8147
midoriyoujien@siren.ocn.ne.jp http://midori.tama.net
みどりようじえん
園だより

バックナンバー2004年度

バックナンバー2005年度

バックナンバー2006年度

バックナンバー2007年度

バックナンバー2008年度

バックナンバー2009年度

バックナンバー2010年度

バックナンバー2011年度

バックナンバー2012年度

バックナンバー2014年度

バックナンバー2015年度

バックナンバー2016年度

バックナンバー2017年度

2013年度
4月号
5月号
6月号
7月号
夏休み号
9月号
10月号

11月号
12月号
冬休号
1月号
2月号
3月号
卒園記念号

卒園記念号

卒園・修了おめでとうございます

 3月の声を聞いても寒さの厳しい日が続きましたが、園の周りの梅がほころび、甘い香りに春の訪れを感じるようになりました。
 本日、9人の子どもたちが巣立ちの日を迎えました。いつも元気に走り回り、豊かな発想でそれぞれの持ち味をのびのびと発揮している子どもたちでした。遠くまで松ぼっくりを拾いに出かけたり、山の中を走ってお散歩に行ったりと、丈夫な足も自慢です。小学校に行ってもどうかそのままたくましく育ってほしいと願います。
 年中さん、年少さんも元気に1年を過ごせました。作品をまとめている際に、細かい手作業やそれぞれの工夫の様子に成長ぶりを実感しました。まるでちょっと大きな家族のように過ごしてきたせいか、お友だちの気持ちや行動パターンをよく知っていて、誰かが泣いていると「また○○ちゃんとけんかしちゃったの?」「○○するのがいやだったの?」と先生のように尋ねている姿に感心することもありました。4月からまたどんなお顔を見せてくれるのか、楽しみです。
  保護者の皆様の暖かいご支援とご協力に支えられ、1年間楽しく元気に過ごせたことに心から感謝申し上げます。ありがとうございました。      卒園・修了おめでとうございます

 3月の声を聞いても寒さの厳しい日が続きましたが、園の周りの梅がほころび、甘い香りに春の訪れを感じるようになりました。
 本日、9人の子どもたちが巣立ちの日を迎えました。いつも元気に走り回り、豊かな発想でそれぞれの持ち味をのびのびと発揮している子どもたちでした。遠くまで松ぼっくりを拾いに出かけたり、山の中を走ってお散歩に行ったりと、丈夫な足も自慢です。小学校に行ってもどうかそのままたくましく育ってほしいと願います。
 年中さん、年少さんも元気に1年を過ごせました。作品をまとめている際に、細かい手作業やそれぞれの工夫の様子に成長ぶりを実感しました。まるでちょっと大きな家族のように過ごしてきたせいか、お友だちの気持ちや行動パターンをよく知っていて、誰かが泣いていると「また○○ちゃんとけんかしちゃったの?」「○○するのがいやだったの?」と先生のように尋ねている姿に感心することもありました。4月からまたどんなお顔を見せてくれるのか、楽しみです。
  保護者の皆様の暖かいご支援とご協力に支えられ、1年間楽しく元気に過ごせたことに心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
3月号

 2月は、真っ白な雪景色の園庭で、大きなかまくらを作ったり、おもいっきりソリ遊びや雪投げを楽しみました。
寒い 寒いと思っていた毎日ですが、近くの梅の花も咲き始め、春がちゃんと近づいていることを感じる今日この頃です。
卒園まで、あと少し。みんなで歌をうたったり、体操したり、園庭を駆けまわったり・・・。おもいきり遊びたいと思います。
楽しむことが得意な、ばらさんですが、園生活の締めくくりのこの時期をしっかりとかっこよく過ごせたらいいなぁと、思います。
たけさん ももちゃんも 進級への期待を胸に元気に登園して欲しいと思います。

 先日の懇談会では、子ぢも達の製作や普段の遊びの様子をお伝えしました。お母さん達からは、一年を振り返ってのお話を聞くことができました。たくさんの感想、どうもありがとうございました。職員の励みにもなりました。
これから卒園まで、子ども達の笑顔あるれる日々を大切に過ごしていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
2月号

 1月は1年の中でも1番寒く、室内の水道が凝ってでなくなったり、バケツの水が20センチもの厚さに凍る日が続きます。 
 今年は例年より暖かかったのですが、それでもバケツの氷を使ってアイスキャンドルが出来て、山に埋まっているドラムカンの中に置いてかわるがわる綺麗な光を見ることができました。
 大きな桜の枝を使った、6メートル以上もある長い長いブランコを作っていただき、大人気です。長い振れ幅を目で測り、危なくないところに立ち、早く代わってとせかすこともなく仲良く並んでいる姿にちょっと驚き、嬉しくなりました。
 寒い朝も、サッカーやリレーをして大汗をかき、体操のあとには10周ほどグルグル走って、さらに汗。お部屋のストーブはすぐ消されてしまいます。
 いつも外遊びが大好きな活動的な年長さんですが、フェルトを縫ってマイ手袋 を作ったところ、みんな熱心に何日もかけて目の揃った素敵な手袋を完成させま した。豆まきにちなんだダンボールの大きな鬼は、年長さんが中心になって年中さん、年少さんの意向も聞き、みんなで上手に作っていました。身体も頭も手も、たくさん使っているなと、感心します。
 このメンバーでの園生活 はあと2ヶ月弱ですが、どの子も悔いのないようにたくさん遊んで、いろいろなことに挑戦してほしいと思います。
 インフルエンザやノロウイルスなど流行っていますが、早寝早起きで、みなさん元気に来て下さい。     
1月号

あけましておめでとうございます
好天に恵まれた穏やかなお正月を迎え、ご家族で楽しいひとときを過ごされたことでしょう。
 写真展では、たくさんのお手伝いありがとうございました。来場してくださったみなさんに、園の取り組みや、子どもたちに加えおうちの方々の楽しそうな様子を感じていただけたと思います。3社もの新聞社からの取材も受けました。
3学期になると、例年、子どもたちの雰囲気がまとまってきます。そんななかでの多くのイベントは、より一層子どもの心に染み込んでゆく楽しい体験になることでしょう。おうちのかたの出番もたくさんありますが、ご理解ご協力よろしくお願いいたします。
人間の一生の中で、子どもと一緒に楽しめる時間は意外と短いものです。そんな時間をみなさんとともに過ごせて幸せです。
今年もどうぞよろしくお願いします。
冬休号

毎日、寒い日が続いています。いつも元気な子どもたちも、登園するとストーブの前でしばらく暖まり、それからお支度が始まります。でも、しばらくすると、外に出てサッカーをしたり、川を作って水を流したり冷たい空気もなんのその。夢中になって遊んでいます。
 たくさんの行事のあった2学期。運動会、遠足、ばらの登山遠足、みてみて発表会など、ひとつひとつの行事が終わるごとに、成長していく子どもたちの姿は、とても頼もしいです。大
 人が教えるのではなく、子どもたちが刺激しあいながら、伸びていく。そんな気がします。
先日の懇談会では、お母さん方から、行事の感想や子どもたちの様子等の話しをお聞きすることができました。特に、運動会は親子みんなで楽しく参加でき、これぞ!みどりの運動会!だという声もたくさん聞かせていただきました。親子一緒に楽しむことができて、大成功だったなぁと、とてもうれしく思いました。

いよいよ明日から冬休みです。すぐに写真展も始まります。たくさんの方に見ていただけたらうれしいです。新しい写真も増えていますので、お友達、ご家族と一緒に見にきて下さい。

最後になりましたが、2学期もお母さん、お父さん方には、たくさんご協力いただきありがとうございました。長いお休みになりますが、体調をくずさないよう、みなさん元気にお過ごし下
 さい。  

12月号

 高尾山や園舎の屋根の向こうの山々の紅葉が真っ盛りです。園庭には赤や黄、茶色などさまざまな色の葉っぱが大量に舞い落ちました。
 お掃除は大変ですが、きれいな葉っぱに穴を開けて指輪にしたり、お金に見立ててのカレー屋さんごっこなど、楽しそうでした。じゅず玉や、朝顔の種、むかご、ほおずきもたくさんとれました。
 なんといっても今年豊作だった柿を、お父さんお母さんにもご協力いただいて600個近くを吊るしたのが圧巻でした。柿の渋皮を舐めた子は「ぱさっとする」「しゅーっとする」 など、おもしろい表現をしていました。
 数日前のお弁当のあとに干し柿を食べました。なぜこんなに甘くなるのか不思議なくらい甘くておいしい柿になっていました。おうちにも持ち帰りますので、どうぞ味わってみてください。

 今年のみてみて発表会は、地味な部分でちょっと難しい取り組みをしています。
 子どもたちのやる気を上手に舞台に乗せるのは至難の技。やっぱり無理かな、と思う日もありましたがそこは正念場。「見守る保育」の真髄を見せねばと思い、できると信じてやり続け本番3日前にどうやら形になった瞬間がありました。ちょっと鳥肌が立ちました。子どもたちの成長する力はほんとうにすごい。
 舞台に出る。セリフを言う。場所を変わる。番が来たら、立つ。楽器を持つ。その一つ一つに隠れたストーリーが満載です。当日はそのあたりも読み取っていただけたらと思います。よろしくお願いいたします。
11月号

 日々の落ち葉掃き、ありがとうございます。運動会やバザーでは、表だってのご尽力の他、目に見えない裏方でのご協力もたくさんあったことと思います。ありがとうございます。

 運動会。ばらさんは側転・鉄棒・跳び箱に挑戦しました。本番、鉄棒でかっこよく逆上がりができた子もいるし、前回りがやっとの子もいました。結果だけ見れば、逆上がりができた子が成功のように思いがちです。でも今までまったくやったことのない子が、前回りだけでもできたことがどんなにすごいことか。自信がなくて避けていた子が練習して練習してやっとできるようになったうれしさがどのくらいか。これなら自信がある!と披露した子の得意な気持ち。みんなと同じことを絶対やりたい!という子も。そんなみんなの一途で健気な様子に胸が熱くなりました。たけももさんもそんな先輩たちに続け!!

 ばらさんの登山遠足やみてみて発表会、それから普段の生活の中で、たくさんの成長するきっかけを一緒に見つけていきたいと思います。


10月号

 2学期が始まって1ヶ月。9月は、朝から暑い日があまりなく一度もプールに入れず秋になってしまいました。そのかわり、畑にはたくさんのトンボがとび、園庭にはキンモクセイの香りがふんわりとしています。そして青空の下、元気に走りまわる子どもたちの声が響いています。

 ある日から朝になると、大きな栗がいくつか園庭に落ちていて動物が運んできたのかな。 小人かなぁ。 不思議に思っていると、実は近所のおじいちゃんがみんなが喜ぶかな…と、毎日少しずつ栗を投げ入れていたのでした。謎がとけて安心。毎日栗が落ちてないか、キョロキョロしています。

 今は運動会に向けてやる気満々のみんな。 全員で楽器を持って行進をしたり、音楽に合わせて踊ったり。ももちゃんは、よくわからなくてドキドキしながら、みんなについていきます。たけさんは、去年応援していたリレーにも参加するのでワクワク。ばらさんは、なんといってもみんなが力を合わせ緊張感も合わせてのカッコいいバルーンに向けて練習中です。マットや跳び箱・鉄棒などは、得意な子も苦手な子も、できる・できない ではなく、やってみる・やってみたい の気持ちを大切にしたいと思っています。また時間をみつけては、子どもたちからリレーの練習しよう!と声があがり、今はバトンタッチの練習にも力を入れています。どうぞ当日をお楽しみに。

 運動会当日は、おうちの方にもたくさんお手伝いをお願いしますがみんなで楽しい1日を過ごせたらと思います。

 体調を崩しやすいこの時期ですが、休養をしっかりとって元気に登園できますよう、よろしくお願いいたします。


9月号

 猛暑の続く夏でしたが、ご家族でお元気に過ごされたことと思います。
 今日から2学期!日焼けして一回り大きくなった子どもたちから、楽しかった夏休みの思い出をたくさん聞けることと思います。
 
いわきに住む友人から、福島の海で海水浴を楽しんでいる写真が届き、震災の爪あとも徐々に癒されているように思いましたが、原発周辺では次々と問題が発覚し不穏な空気が流れています。海外では、またしても戦争が始まりそうな気配。新聞やニュースを見るにつけ暗澹とします。
 
子どもたちの未来に、親子で安心して泳げる海や、川、登れる山を残すこと以上に大切なことがあるのでしょうか?
園の小さな庭の中で、蝉の抜け殻を箱いっぱい集めたり、草むしりをしながら素手でバッタを取ったり、という体験を積み重ねることで、自然や命は一番大切なのだということが子どもたちの中にしっかりと根付くことを願っています。

 2学期は大きな行事があります。保護者の皆様と力を合わせて、大人も子どもも実りの大きい季節にしていきたいと思います。ご協力よろしくお願いいたします。
 

夏休み号

 連日の暑さに負けず、子どもたちは元気です。体調を崩してもちょっとお休みしてすぐに復活。ご家庭で園を中心とした規則正しい生活を心がけている様子がうかがえ、頭が下がります。   

二度も延期となったオリエンテーリング。通常保育になって登園後、しばらくすると雨が上がり「あめやんだから、いまからおかあさんたちよんでこうえんにいこう!」「はやくでんわして!」「なんでいかないの!?」と子どもたち。楽しみにしていたんだね。ということで7月11日に再度設定。変更を快く了解してくださりありがとうございました。炎天下での開催にご心配等あったことと思います。覚悟を決めて?腹をくくって?準備万端で参加してくださったり、早めに帰ったり、あるいは欠席したり、それぞれのご家庭で最善の方法を考えて無理なく参加するというみなさんの姿勢に、改めてみどり幼児園て、たくましい!そして楽しい!!と思いました。『かえるのうた』のみどりバージョンのすばらしかったこと!!

 長い休みに入りますが、9月にまた元気なお顔に会えるのを楽しみにしています。
7月号

ムシムシ暑い日、ちょっぴり肌寒い日、体調をくずしやすい時ですが…
園では元気いっぱい子どもたちの声が響いています。

雨も多かった6月後半。雨が降ったら、大好きな大型ブロックができる日。思 う存分たっぷり楽しんでいます。
ある日のできごと。午前中途中から降り出した雨。昼過ぎには大雨。そして雨が上がると…。体力をもてあましていた子どもたち。いっせいに外に飛び出して行きました。みんなの目的地は水たまり。園の真ん中・ブランコの下・畑の隣…みんな目をキラキラさせていました。 ズボンを脱いでいざ出発!泥水をけちらし、水たまりに座り込み、洋服は泥水模様、顔まで泥だらけ、それでもなんて楽しそうなんでしょう。そんな様子を少し離れた所から、そっと見守る子も、ちょっとうらやましそうです。思うまま、感じるまま遊ぶ。そんな子どもたちを見ていると、たくましくて、うらやましい。 生きてる!力があふれて見えます。
園生活にも、慣れてきたももちゃんも、エネルギッシュなばらさんやたけさんに負けず、お友だちと一緒に遊ぶ楽しさを日々発見しているようです。

1学期もあと3週間。たくさん食べて、たくさん遊んで、たくさん寝て。みんな元気に登園できますよう、よろしくお願いします。

6月号

 気候の良い5月は、毎週のおさんぽや、外遊びが中心でした。泥遊び水遊びも本格的になってきました。子どもたちの目には園庭はどのように映っているのでしょうか?
 山の向こうに水源を持つ広大な荒地か草原と思っているかのように、水源から水を運んでダム作り(砂場)、山を切り崩して水路作り(築山)、その水路を荒地に引き込んで川作り(園庭)、そして自分たちはカバになって、要所にできる泥水たまりにどっぷりつかっています。
 創造の世界から戻れずに叱られることも多々ありますが、やめたくないほど遊びこめることは素晴しい。「先生にもう終わりって言われて、ほんとにがっかりしたよなー」と大人になってから思い出してもらうのも嬉しいことです。
 
 毎年、園庭の小さいおうちの外装をリニューアルします。[何かの絵を描く」のがポイントなのですが、色作りに目覚めた年長さんは何度やっても色まぜまぜの、抽象アートになりました。狙い通りにはいきませんでしたが、のびのび描いたそのままを貼り付けてみるとシックで素敵なおうちになりました。
 たった二つしかないブランコは毎回取り合いで「かーしーてー」「今使ったばーかーりー」が、合言葉のようになったり、先生の見ていないところでは「かしてー」「だめよー」になったり。また、浴びるほど泥んこ遊びをしていても、友だちに泥をかけられると大げんかになったり、などなど、あちこちで小さな衝突もありますが、集団の中で生きる力をつけている真っ最中なのだと思い、邪魔をしないよう、でも大きなけがのないよう、しっかり見守っていきたいと思います。

梅雨に入り、送迎にもご苦労をおかけしますが、体調に気をつけて毎日元気に来て下さい。
5月号

 新緑がきれいな季節になりました。が、寒暖の差が大きかったり、強風が吹き荒れたり、黄砂やPM2.5なるものが飛んできたり、「平年並み」という言葉のほうがめずらしく感じてしまうような今日この頃です。どんなときにもたくましく生きていける子どもを育てたいと強く思います。

 年少ももちゃんは、園の一日の流れがだんだんわかってきて、「体操の時間です」と放送が入ると遊びを中断してさっと並んだり、「今日は何を作るの?」と製作を楽しみにしたり、「お当番やりたい」と言ったり、緊張も少しほぐれてみどりっこの一員らしくなってきました。年中たけさんは、自分たちよりひとつ下の子を見て、「小さいのにこんなこともできるんだね」とすっかりお兄さんお姉さんの気分です。年長ばらさんは、尊敬し憧れながらもちょっと目の上のたんこぶ(?)だった先輩がいなくなって、のびのびとしているように感じます。

 新年度になり環境が変わったみんな。不安もあることでしょう。先生たちはどうしてもももちゃん優先になっています。そこで、ももちゃん降園後は、たけばらさんとたっぷり楽しめる時間を作るようにしました。関係が築けているからこそ自由なペースで行ける特別な散歩です。初めてのコースに行ったり、走りっぱなしで行ったり、のんびりお花を摘みながら行ったり、春の午後を楽しんでいます。

まだまだ生まれて3年、4年、5年、6年。どの子にもたっぷりと愛情を注ぎ、自分自身のかけがえのなさを感じて育っていけるよう成長の手助けができたらいいなあと思います。

 ゆっくり休んで元気に登園してください。
4月号

   ご入園ご進級おめでとうございます。

園庭の水仙やチューリップも咲き、いよいよ新学期の始まりです。
新入児7人を迎えて総勢20人でのスタートです。 初めての集団生活に緊張と期待でドキドキ・ワクワクのももちゃん…どんな顔を見せてくれるでしょうか。
  小さいお友達を迎えて上のクラスになり嬉しくて張り切りながらも、ちょっと戸惑う、ばらさん・たけさん。子どもたち全員が1日も早く園生活に慣れ、安心して
 のびのびと遊べるよう、職員一同力を尽くしていきたいと思います。保護者の皆様と一緒に思うことを伝え合いながら子育てをしていけたら、うれしく思います。
  今年度も、どうぞよろしくお願いいたします。

 春休み中に、卒園したばらさんがペンキを塗ってくれた園の看板の取り付け・園庭や園舎の掃除など,有志のお父さんお母さん方にお手伝いをしていただき、気持ちよく新学期を迎えることができました。
どうもありがとうございました。
© Midori Yojien All Right Reserved.  e-mail  midoriyoujien@siren.ocn.ne.jp