ロゴ
みどり幼児園
〒193-0841
東京都八王子市
裏高尾町674番地
TEL:042-661-8147
midoriyoujien@siren.ocn.ne.jp http://midori.tama.net
みどりようじえん
園だより

バックナンバー2004年度

バックナンバー2005年度

バックナンバー2006年度

バックナンバー2007年度

バックナンバー2008年度

バックナンバー2009年度

バックナンバー2010年度

バックナンバー2011年度

バックナンバー2013年度

バックナンバー2014年度

バックナンバー2015年度

バックナンバー2016年度

バックナンバー2017年度

バックナンバー2018年度

2012年度
4月号
5月号
6月号
7月号
夏休み号
9月号
10月号

11月号
12月冬休号
1月号
2月号
3月号
卒園記念号

卒園記念号

     卒園・修了おめでとうございます

 満開の梅の花びらを散らす風もあたたかくなり、8人の子どもたちが巣立ちの日を迎えました。
  園に通った年数はそれぞれ違いますが、お友だちとかかわり、自然を仲間にして過ごしてきた姿はみなたくましく、卒園式の練習で誇らしげに歩く姿に、胸がいっぱいになりました。朝の自由時間に、お外のおもちゃをまったく出さずに楽しそうにごっこ遊びんでいる姿をよく見かけました。モノに縛られずに長い時間遊べるということは、なんて自由なことでしょう。また、トイレに失敗したももちゃんを黙って見守っていたり、ケンカの仲裁を上手にしたり、お友だちの中で濃い時間を共有しているからこその成長を感じます。人と人が関わることの大切さやおもしろさを知っていることは、生きていく上でかけがえのない大きな力です。どうか、しなやかに、たくましく育っていってほしいと願います。
  子犬のように団子になって遊んでいるたけさんも、幼いように見えて実は案外しっかり者のももちゃんも、この1年でずいぶん成長し、お兄さんお姉さんらしい表情になりました。4月からも楽しみです。
 保護者の皆様には今年度も多くのご協力をいただきました。大きな怪我や事故がなくみな元気に楽しく過ごせたことは、皆様の支えがあってのことと心より感謝しています。ありがとうございました。
3月号

 ♪二月の庭には福寿草♪『カレンダーマーチ』の歌詞にあるように、園庭に移植した福寿草が5つめの花を咲かせました。みんなで植えたチューリップの球根も小さな芽を出し始めています。春はそこまで来ているようです。
 登園するとまずはヒーターの前で暖まる子もしばらくすると外へ飛び出し、こおりおにやなわとびをして、気がつけばシャツ一枚。雪解け水で出来た園庭の小川に裸足で入る子。寒さなんてなんのその。保育参観のお父さんお母さんにもいきいきとしたみんなの様子を見ていただけたと思います。
 おにエンテーリングは、今年はお母さんたちと一緒に行いました。時間に余裕があり急遽大人のドッヂボール。‘遊ぶ’って楽しかったでしょ?
 お買い物ごっこは準備に時間をかけた大がかりなごっこ遊び。早く持って帰りたい、遊びたいという気持ちを抑えて、ばらにはないしょ、たけにはないしょ、ももにはないしょと根気よく品物を作りました。
 みどりの風コンサートはいかがでしたか?最後はみんなで大合奏。予想以上の来場者に、改めて園のみなさんのパワーを感じました。ありがとうございました。
 残すところ数日。一日一日を大事に過ごしたいと思います。

2月号

毎日寒い日が続いていますが、子供は元気いっぱいです。
1月は雪が降って、スケートリンクのようになった園庭や雪が積もりゲレンデに早変わりしたお山も、子供達に魅力的な遊び場です。長靴をはいて着替えを多めに準備して登園してきた子供達は、スケートリンク?の氷に穴をあけたり、ゲレンデから何度もそりすべりをしたり、かわいい雪だるまを作ったり…雪遊びを楽しみました。
また、伐採したイチョウの木に登りたーい!の希望があり、ばらさん・たけさんの男の子達が挑戦しています。 (もちろん、先生が一緒にいる時限定です) ドキドキしながらも、登った時の眺めを期待して…。ゆっくりしっかり。両手両足に力を入れて、落ちないように頭も使って。今日だめでも、また挑戦!そんな気持ちって、とてもカッコいいです。 また、学年別に作った凧を、一生懸命走ってあげている姿はとてもかわいらしくて、ほんわか暖かい気持ちになります。
寒さに負けずに遊ぶ子供達を見習って、パワフルに活動していきたいと思います。

このみんなで過ごすのも、残り2か月となりました。この学年のまとめの時期です。お友達との関わりを中心に1日1日をしっかり大切に過ごしたいと思います。

インフルエンザも流行り、体調をくずしやすい時期です。少しでも体調が悪い時には、無理をせずしっかりお家で休養して下さい。
よろしくお願いいたします。
1月号

 あけましておめでとうございます
 ご家族で、和やかな正月を過ごされたこと思います。年末の大掃除から始まり、、お餅つき、松飾、おせち料理、初詣、など普段とは違う季節感を味わって、子どもたちも楽しい体験をしたのではないでしょうか?
 昨年末には、写真展にご協力いただきありがとうございました。
皆様の「できる事を、楽しみながら」という姿勢が、写真展会場にもあふれていて、足を運んでくださった方は一様に和んだ表情で帰られました。課題もいろいろありますが、みどり幼児園のことを知っていただく活動の一つとして今後も続けていけたら幸いです。

 さて、今年度も残り3ヶ月となりました。1学期、2学期の活動を通して得てきた自信を元に、じっくりと力を発揮するのが3学期。楽しい行事もたくさんあります。
寒さも仲間にして、元気に過ごしていきたいと思っています。 
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
12月冬休号

 寒さも厳しくなり、いよいよ今年ももうすぐ終わります。
 最近では、畑のほうれん草をお味噌汁にしていただいたり、園庭に増えた古タイヤの中にしっかり掴まって転がって遊んだり、バケツに張った氷を見つけて「つめたーい!」 と触ってみたり…小さな楽しみもありました。 2学期はたくさんの行事があり、その度に子供達の成長を感じました。お友達との関わり方も、自分のお友達・女の子同士・男の子同士・仲間・ライバル?と ももちゃん・たけさん・ばらさん それぞれ少しずつ変化してきているようです。 たくさんの刺激を受けているんだなぁ…と感じています。
 先日の懇談会では、たくさんの方に出席していただきました。園での様子、おうちでの様子クラスごとに和やかに、お話しを聞くことでき有意義な時間を過ごすことができました。どうもありがとうございました。
 冬休みに入りますが、インフルエンザ・ノロウィルスなど流行していますので、みなさんお気をつけ下さい。そして、元気に楽しいお休みをお過ごし下さい。
11月号

 園庭の木々が葉を落とし始め、秋も深まってきました。
2学期の大きな行事である運動会とバザーが終わりました。今 園では運動会の前より「運動会ごっこ」が盛んで、ハードルや、鉄棒、縄とびなどを毎日よくやっています。バルーンで使った曲「にんげんっていいな」は毎朝の歌になっています。行事が普段の生活にしみこんで、膨らんでいくのは楽しいものです。
 先日の遠足で、登り棒がなかなかできず、何度も挑戦している子がいました。結局最後までできなかったのですが、隣でスイスイ登っていく子を見て「あいつはすごい」とつぶやいていました。できるようになりたい!と思い、そのためにちょっとかっこ悪くてもコツコツ練習したり、できるお友だちを素直に認められるようになるというのは、なんて大きな一歩なんだろうと、見ていて思いました。
 そろそろ、みてみて発表会の準備が始まります。こどもの成長のきっかけになれるよう、一人ひとりのその子らしさを生かしたものになるよう、そしてなにより楽しめるものにしていきたいと考えています。

 もうひとつの大きな行事バザー。今年はお惣菜、手作り品、ディスプレイなど、一つ一つ心がこもっているのを感じました。作ればいい売ればいいというのではなく、こまやかな心遣いが随所に見られて感動しました。準備から片付け、次の日までかかったテントたたみまで、本当にお疲れさまでした。

 2学期後半もよろしくお願いいたします。

10月号

9月に入っても暑い日が続き、毎日のようにプールに入っていたのがうそのように、めっきり秋らしくなりました。それでも日中は日差しが強く、園庭で走り回っている子は汗びっしょり。調節のできる服装で登園お願いします。

 運動会の練習もいよいよ大詰め。競技のなかには鉄棒や跳び箱などが含まれています。常日頃から練習していて運動会で上手にできるところをお披露目という子もいますが、競技の練習で初めて挑戦した子もいます。
今までやっていなかった理由は、こわそう…むずかしそう…できなかったらいやだなあ…または、全然興味なし!などでしょうか。当日も、まだまだかっこよくできないかもしれない。全然できないかもしれない。おうちの方は、歯がゆい思いでごらんになるかもしれません。でも、やってみよう!と思った気持ちにぜひ拍手をお願いしたいと思います。運動会がゴールではなく、スタートになるのもいいことです。

 おうちの方には、準備から競技への参加まで、たくさんのご協力をお願いしています。苦手なこともあるかもしれません。みんなで楽しい一日にしたいと思います。よろしくお願いします。
9月号

猛暑の続く 暑い!夏休みでしたが、みなさんどんな風に過ごされたでしょうか?庭のプール…海…山…川…公園…。子供が小さい時には一緒に暑い夏を楽しんでいたのに…。今は、親から離れ忙しそうにしている我が子を見て、うれしいような…寂しいような私です。子供と一緒に楽しめるのも、今のうちです。親子で季節を感じおもいきり楽しんで下さい。

夏休み中に、NPO未来 主催 「夏☆みどり」 が園にて4回開催され、合計で延べ189人が参加しました。未就園児のお友達もたくさん遊びにきていただき、みどり の雰囲気を感じてもらえたのではないでしょうか。
親子で水しぶきをあげ、泥んこになって遊ぶ姿もたくさん見られました。
 2学期は、運動会・みてみて発表会など行事が盛りだくさんです。いろいろな経験を通して、成長する子供達をしっかり見守っていきたいと思います。
夏休み号

畑の野菜が少しずつ収穫できるようになりました。トマトやきゅうりだけでなく、ナスまで丸かじりしているのを見たときは仰天しました。捕まえたヘビの赤ちゃんを飼育箱に入れて平然と観察していたり、蜂が部屋に入ってくると、電気をさっと消しに行って「し〜〜しずかにしろ」。
裸足になる子もグンと増えました。山を走っておさんぽ(?)に行ったこともありました。苦手だから近づかない、口にしない、見ない、やらない、のではなく、仲間の中でつい、いろいろ試してしまう「境のない」子どもたちの毎日に思わず感心することの多い1学期でした。
 鉄棒やドラムカン、木登り、竹登り、とびばこ、なわとびなども、ずいぶん頑張ってできるようになってきました。暑い夏休みも体をたくさん使って、元気に過ごしてほしいと思います。
  
  懇談会では、おうちでの様子、またお母様方の感性豊かなご意見をお聞かせいただき、大変有意義でした。園庭整備をはじめ、広報活動や各係りのお仕事など、地道に園を支えてくださる活動に感謝しています。ありがとうございました。
 明日は今学期最後のイベントの夕涼み会。踊りに歌に、ゲームに、みんなで楽しく盛り上がって締めくくりにしたいと思います。
 体調を整えて元気にご参加ください。
7月号

「あの子裸足で遊んでる!痛くないのかな」と言っていた新入園の子が、いつの間にか裸足で遊ぶようになりました。「ぼくは裸足にならない」と言う子は、「水冷た〜い」「こっちはぬるいよ〜」という声を聞いてたまらなくなって急いで靴を脱ぎに行きます。
 ちょっとした不安やこだわりを捨てて、今までやらなかったことがやれるようになると、それがどんなに些細なことでも、その子にとってはすごくうれしくて、他のいろんなことに挑戦してみよう!という気持ちになるようです。
 ふだんあまり裸足で遊ばない子が裸足で遊び始め、いつもとは違う仲間の泥んこ遊びに混じったり、ドラム缶乗りに挑戦したり。そしてさらに、ちょっと違う自分がうれしくて体操の時間に一番にならんだり、お片付けを進んでしたり、突然スイッチが入ったような向上心に目を見張ります。

畑では、キュウリが収穫できるようになりました。「こっちにもある!」「トマトちょっと赤い!」「ナスちっちゃい!」毎日みんなが観察しています。野菜を食べるのが苦手な子も、収穫が楽しみな様子。嫌いなものを食べるということはとても辛いことだと思います。採りたてのトマトを立ち食いで丸かじり。少しお行儀が悪くても、食べられるようになるきっかけになるかもしれません。トマトを一口かじちゃった自分ってかっこいい!向上心スイッチオン!!! そんな機会をたくさん作りたいと思います。・・・トマト豊作だといいなあ。
6月号

 5月は雷雨があったり、暑い日、寒い日…天候の変化の激しい1ヶ月でした。でも、みどりっ子は、なんのその。お天気の良い日には、手をつないでおさんぽへ。ばらさんは、「今日はどこいくのー?」と、慣れたものです。暑い日にはパンツ一枚になって、どろんこ遊びもおもいっきり。畑のエンドウ豆も収穫しました。お弁当の時に茹でてみんなでいただいたり、きゅうり・トマト・ナスの苗も丁寧に植えました。いつ食べるのー?と、今から楽しみにしています。巧技台のすべり台やペンキを塗ってきれいに変身した小さいおうちも大人気です。これから雨の多い時期になりますが、雨の日でも楽しいことをたくさん見つけて遊びたいと思います。

 個人面談では、お家での楽しい様子や、困っていることなど…いろいろなお話が聞けたり、園での様子をお伝えしたりと、とても貴重な時間になっています。これからも子供達の為に、小さなこともたくさん話していけたらと職員一同思っています。
また、楽しく園で1日過ごす為にも疲れていたりちょっと風邪気味だったりする時には、無理せずにお家でしっかり休養し、体調を整えて登園して下さい。 よろしくお願いします。

*園の畑は保護者の皆さんに耕してもらったり、草ひきをしてもらっています。苗は野菜の合津さんに選りすぐっていただき、必要な肥料や育てる過程でのちょっとした工夫なども教えてもらっています。
いろいろな思いやかかわりがあって、初めて子どもたちが苗を植えることができるのだと実感。大切に植えた苗が元気に育ち、おいしい野菜がいっぱい出来ますように。 
5月号

肌寒い日の多かった春でしたが、ようやく本格的な新緑の季節を迎えました。 「みんなおいでよ」の歌詞のように「広がる青空、桜のじゅうたん」「お天気よければお庭でおべんとう〜」の毎日です。
 新学期が始まってまだ3週間もたっていませんが、新しいお友だちの名前もすぐに覚えて「次は○○ちゃんの番だよ」など、自然に混ざり合って遊んでいます。また、今までとちょっと違うやりとりや遊びをしているところも見かけ、お友達の輪がどんどん変わってきているように思います。
 ばらさんは、ばらさんになったらできる、という数々の事がら(ツリーデッキでお弁当を食べる、お誕生日の子へのプレゼントにお花を作るなどなど)が嬉しくて仕方ないようです。たけさんは、今までまじめ一方でしたが急にふざけたり、自己主張が激しくなりました。どれも成長の証なのだと思います。大きくなることが嬉しいっていいですね。

 昨日は、今学期初の本格的な水遊びをしました。お砂場で道や川を作っていたと思ったら、あっという間に、泥水たまりにダイブ!していました。
泥水たまりに全身で漬かってしまう子どもたちもすごいと思いますが「泥んこに寝そべってしまいました」と話をすると「よかったねー!」とおっしゃるお母さんたちもすごいと思いました。持ち帰った泥染めの服のお洗濯、大変だと思いますが、お母さんのその笑顔で、子どもたちは安心してのびのびできるのだと思います。どうぞこれからも、笑顔でお洗濯、よろしくお願いいたします。
4月号

入園、進級おめでとうございます。ようやく春らしくなりました。冬の間に蓄えられた力があふれ出し、いっきに芽吹き、花開き、成長を感じる季節です。

新しいお友達を6名迎え、総勢20名となりました。少人数だからこそできる、少人数じゃないとできない保育がやれる良い機会です。色々なことに挑戦する充実した一年にしていきたいと思います。

新入園児は初めてのことだらけ、進級児も3月までとは違う園の様子に、しばらくは不安や緊張があると思います。おうちの方も同様でしょう。みなさんが新しい園になれ、のびのび楽しく過ごし、大好きな場所となるよう職員一同力を尽くします。ご協力をお願いすることも多いと思いますが、よろしくお願いいたします。
© Midori Yojien All Right Reserved.  e-mail  midoriyoujien@siren.ocn.ne.jp