ロゴ
みどり幼児園
〒193-0841
東京都八王子市
裏高尾町674番地
TEL:042-661-8147
midoriyoujien@siren.ocn.ne.jp http://midori.tama.net
みどりようじえん
園だより

バックナンバー2004年度

バックナンバー2005年度

バックナンバー2006年度

バックナンバー2007年度

バックナンバー2008年度

バックナンバー2009年度

バックナンバー2010年度

バックナンバー2012年度

バックナンバー2013年度

バックナンバー2014年度

バックナンバー2015年度

バックナンバー2016年度

バックナンバー2017年度

2011年度
4月号
5月号
6月号
7月号
夏休み号
9月号
10月号

11月号
12月号
1月号
2月号
3月号
卒園記念号

卒園記念号

 園庭の花壇に小さなふきのとうを発見しました。ひときわ、寒さの厳しい冬でしたが、インフルエンザの大流行もなく、皆元気に今日を迎えることができました。
 数日前にばらさんの男の子が全員で長い時間サッカーをしていました。ばらさんの女の子は、「いつものメンバー」の顔ぶれがずいぶん増えていました。お散歩に行くと、年下の子を何気なく歩道側に寄せたり、すっかりお兄さんお姉さんの顔つきになっているばらさんに惚れ惚れしました。
  先生といつも一緒のももちゃんをたけさんが上手に仲間に入れている姿も見るようになり、皆それぞれに一つ大きくなったことを実感します。
 園で育てている野菜を見ていると、子育てに通じるものがあると思うことがよくあります。必要な養分をどのタイミングで与えたらいいのか悩むこともあります。たった一つのほめ言葉で自信をつけることもあれば、フォローしても、うまく遊べなくて楽しくない日々もあります。でもケンカはお友だちと仲良く遊ぶための大切な養分です。何も変わっていないように見える時期には、まわりをよく見ることで、何かの養分を蓄えているのかもしれません。
 今日巣立っていく16名の子どもたちが、みどり幼児園で蓄えた養分でいつか大きい花をたくさん咲かせてくれることを願ってやみません。そして大人も子どもに負けないよう養分を蓄えて綺麗な花を咲かせたいものです。

 この1年は、電気やガス水道が自由に使えて、ガソリンもお米も電池もお店に行きさえすれば手に入ることの奇跡、ありがたみを改めて感じました。この貴重な経験や思いを生かして、すべてのことをマイナスではなくプラスにしていけるようにがんばっていきたいと思います。

 また、今年度も園運営に対する保護者の皆様の惜しみないご協力に心より感謝いたします。ありがとうございました。
3月号

 今年度もあと2週間を残すのみとなりました。厳しい寒さも日ごとに緩み、外遊びの時はランニングやはだしになる子が多くなりました。
 2月は共同での鬼作りやお買い物ごっこの品物作り、お雛様など、作品を多く作る時間を用意していますが、じっくり取り組んだり、お友だちと助け合って仕上げる姿に成長を感じることが多い月でした。特にばらさんは、遊びの中でも
ももたけさんの、時に理不尽な言動にもすぐに怒らず、ゆずったり、手加減をしたりする場面をよく見ます。自分より小さい子の気持ちを理解する、そしてちょっとがまんする。そのことで得られる「お兄さんらしさ」「お姉さんらしさ」という誇りを感じている様子です。相手の立場に立って考えられる(自分を客観視できる)ことは成長の大きな一歩です。大切なこの時期、どんな小さな成長の証も見逃さず、声に出して確認して(褒めて)自信につなげていってあげたいと思います。
2月号

 一晩でびっくりするぐらいの雪が積もりました。急遽一時間遅れの登園となりましたが、ご協力ありがとうございます。雪遊びの準備万端で登園した子どもたちは、「もうそといっていい?」と飛び出すように出て行きました。そりや、雪合戦や雪だるま作り。数日前の雪は、すぐにどろんこ遊びになってしまいましたが、今回はずっと真白いままでした。当日車が出せなかったり風邪をひいていたりでお休みだった子たちも少しは雪を楽しめたかな。園バスで他園の子どもたちを見かけ、みんな思う存分雪遊びが出来ますように・・・とちょっとお節介なことを考えました。

 早いもので今年度もあと2ヶ月で終わります。園ではみんなそれぞれの学年のベテランになったせいか、仲間のつながりが深くなったせいか、進級の不安からか、なかなか席につけなかったり、話を聞く場面でいつまでもおしゃべりしていたり、きつい言葉を使ったり、ちょっとかっこ悪いところが目立ちます。もちろん成長したな〜と感じるところはたくさんたくさんありますが。緊張感を持つ行事がない3学期なので、一年間のしめくくりとして楽しくかっこよく過ごせるよう、ほどよい緊張を作り出していきたいと思います。

 
1月号

 あけましておめでとうございます。
 お正月は、みなさんご家庭でどのように過ごされたでしょうか。おせちを食べたり、カルタ・凧揚げ・コマまわし…日本の文化にふれながら、楽しいひとときを過ごされたでしょうか。園でも、みんなで楽しみたいと思います。

 昨年は、震災があり大切ものは何か…当たり前の日常生活が送れることへの感謝など、いろいろ考えた一年でした。今年は穏やかな気持ちで、元気いっぱいの笑顔があふれる一年になりますように…職員一同、子供達と接して行きたいと思います。

 本年もどうぞよろしくお願い致します。
12月号

今年の秋は、とても寒い日があったり暑い日があったり、紅葉や、旬の食べ物も時期がずれていたり、例年通りではないことが多いように感じます。しかし、「例年通り」ってなんでしょうか。毎年少しずつ違って当たり前。変化に強い人間になりたいものです。

 先日のNPO未来主催の講演会(講師・星山明星大教授)で、子どもを障害児と健常児(普通の子)に分けるのではなく、「支援が必要な子」と「今は支援が必要ではない子」と考えるべきだと先生がおっしゃいました。みどり幼児園では、常にその視点で保育に当たっています。「支援が必要=障害」ではないのです。ひとりひとり特別な存在なのに、「普通」っていったいなんでしょうか。

 ひとりひとり特別な33人の子どもたちは、ぽかぽかとした日差しのなか、園庭で食べるお弁当が大好き。「お弁当の時間です」の放送に、「えーまだあそびたい!!」「やだー!!!」と文句いっぱい。「今日は、外で食べます。」と付け加えると「やったー!!!」と遊びをやめて大急ぎで支度をします。ござで食べると、姿勢が悪くお行儀が良くない感じになってしまうのが悩みどころ。食べ終わってからついついゴロゴロしたくなっちゃう先生続出なのもちょっと・・・

 いよいよ、みてみて発表会です。はりきっている子もいれば、ドキドキがいっぱいで泣きそうな気持ちの子もいます。みんながんばって練習しています。交通手段や席ではご不便をおかけしますがご協力よろしくお願いします。
11月号

先日、木枯らし一番が吹きました。園庭の柿の実も赤く色づき、秋も深まってきました。
 お天気にも恵まれた運動会。毎日「今日は何するのー?」と楽しみに練習した成果と…うれし、はずかしの笑顔をたくさん見せてくれました。
いつも通りにできた子も、いつものようにはできなかった子も、本当に頑張っていてうれしかったです。

最近は天気のいい日には、お散歩に行ってどんぐりをひろったり、園庭ではおしろい花やコスモスの花で色水作り、畑のおいもほりも楽しみました。いつもは、つるを、切って掘りやすくしてから始めますが、今年は葉っぱのたくさんついた長いつるをたどって、お芋を見つける宝探しの気分で掘ってみました。意外と子どもたちは上手に掘り当てて、大きなお芋をいくつもいくつも見せに来ていました。
秋をカラダや肌で感じています。来月には、やきいも大会もあります。

そしていよいよ、みてみて発表会の練習も始まりました。歌や踊りの練習はこれからですが…今はまだ自分でセリフを言うのも、お友達のセリフを聞いているだけでも なんだか照れてしまう子供達。今年は海の中のお話を表現します。どうぞお楽しみに。
 だんだんと寒くなり、朝晩の冷え込みも厳しくなりました。しっかりと食べて、寝て、元気に過ごせるようにお気をつけ下さい。
10月号

残暑が厳しくプールに4回ほど入った9月でしたが、やっと秋らしい気候になりました。秋刀魚の炭火焼やlクリご飯が給食に出て、味覚も秋に。先日はデッキで遊んでいてふと上を見ると抜けるような青空にいわし雲、そこにとんびが何羽も弧を描いていました。
思わず「秋だね〜」と言うと「あーきがきーた」と歌いだす子がいてほのぼの。数が激減しているらしい赤とんぼもよく見かけ、卵をもったカマキリやコオロギに夢中の秋満喫の子どもたちです。

 運動会まであと数日。「今日はなにやるの?」と毎年の事ながらはりきって、練習しています。「リレーの時お友だちに遅いって言われた、」「私、○ができない」と言って来る時もありますが、いざ練習が始まるとくじけず頑張っています。種目の中に取り入れている、とびばこやなわとび、マット運動などを、できるようになりたいと練習する子も多く、運動会がそんなふうにステップアップのきっかけになるといいと思います。できるようになった子がお友だちに誇らしそうに教えたり、ちょっぴり自慢げな様子を見せるのも微笑ましい限りです。どうか本番もその子らしい成長を披露してほしいと願っています。どうぞ暖かく見守ってください。

 運動会では、お父さんお母さんにご協力をたくさんお願いしています。
一緒に作る運動会です。思い出に残る楽しい一日にしましょう。
よろしくお願いいたします。
9月号

天候が不安定な夏休みでした。体調はいかがでしょうか。2学期は、遠足、運動会、バザーと天気が気になる行事がいろいろあります。雨は雨なりに楽しめる、雨の恵みを知る子どもになってくれるといいとは思いますが、この行事の日は、気持ちの良い天気になるといいですね。
 町会の婦人部の、なんと部長をやらせていただき、この夏、地元のお祭りで盆踊りを主催しました。最終日、盆踊りの時間になると、雨が降り始めました。中止の決定をするのは私です。せっかく練習したのに・・・決定してからやんだらどうしよう、でもどしゃぶりになるかもしれない・・・と、迷う私に、「ぬれてもいいって人だけ踊れば」「平気平気」とみなさんが声をかけてくださいました。今まではろくに参加もしていなかった私ですが、盆踊りを盛り上げるために、踊りの会を立ち上げてくださった方、太鼓を引き受けてくださった方、降ったりやんだりのなか会場に足を運んでくださった方など、多くの方の協力で何十年もお祭りが続けられてきたことを実感しました。面倒なこともありましたが、人と人とのつながりのおもしろさや大切さを学びました。「面倒でもやるとおもしろい」ということを子どもたちにも伝えられたらいいと思います。
 休み中、係の仕事や園庭整備、ありがとうございました。引き続き、ご協力をよろしくお願いします。
夏休み号

 暑い日が続いた7月。おもいきり、プールや水遊びを楽しみました。七夕にはみんなで飾りを作り、願い事を書いた短冊を飾りました。昨日は、毎日遊んだ外のおもちゃをみんなできれいに洗い、その後ばらさんが先月作った梅ジュースをいただきました。とってもおいしかったです。
あっという間の一学期ももう終わります。初めてのことばかりだった新入児も、園生活にすっかり慣れて、わんぱくなところも見られるようになりました。お友達との関わりの中で、刺激をうけて、成長していることを実感しています。
 明日は夕涼み会です。いつもと少し雰囲気の違う夜のひとときを、ご家族でのんびりゆっくりお楽みさい。

 9月に元気な笑顔に会えることを楽しみにしています。
7月号

例年より早い梅雨入り、気温差の激し毎日ですが、体調を崩して欠席する子も少なく、元気に6月を乗り切りました。7月を目前に梅雨明けが待ちどおしい子どもたちです。
 年少さんもおやつが始まり、3時を過ぎるとさすがに目もうつろ、眠そうですが次の日には元気に登園。おうちでの様子をお聞きすると帰ってから6時、7時には寝て、朝までぐっすりということ。早寝して、たっぷりの睡眠が元気の秘訣なのでしょう。
 
 去年までは虫が嫌いだったのにいつのまにか捕った蝶を上手に虫かごに移している子。大きなあおむしは見るのもいやだったのに、お友だちがあげた葉っぱをむしゃむしゃ食べているのを見て「飼おう」という子。新種の生物かと見まがう太いミミズを先生と一緒に絶叫しながらつかまえる女の子。濡れるのが何より苦手だったはずなのに裸足でどろどろになっている子。子どもたちの成長はどこで大飛躍が待っているか予測できない分、待つ楽しみも大きくなります。
 給食で出た「レタスの肉巻き」お肉はレタスに包んで食べようねと言うと家では葉物はほとんど食べないと言う子が、何枚も何枚もレタスをおかわりして、最後に残ったほんのちょっぴりのお肉までもちゃんとレタスに乗せて食べていました。山のようにあったレタスは完食。初めはいやいやだったかもしれませんが、きっとレタスのおいしさにも気づいたのだと思います。素直さは人生の幅を広げることを、しみじみ学びました。

 今月は怪我が多く、園の環境整備を再度見直したり、指導の方法を職員で研鑽しています。危険なものをひたすら排除する対症療法ではなく、子ども自身が危険を察知し、避ける能力が身につくよう、子どもたちの動きをよく見て、接していきたいと思っています。
 暑くなり疲れの出やすい時期ですので、引き続き早寝早起きのリズム作りにご協力いただき、元気に登園できますようよろしくお願いいたします。
6月号

 木々のみどりが日増しに濃くなるにつれて、子どもたちのみどり生活もだんだん充実したものになってきました。
新入園の子は、園の時間の流れにも慣れ、早く外に遊びに行くために早く支度をすませたり、お弁当の前にはきちんと片付けをして手を洗って席に着いたり、先生と一緒じゃなくてもいろいろなことができるようになってきました。
たけさんは、ももちゃんにシールを貼るところを教えてあげる、紙飛行機を自分で折ってみるなど、さまざまな場面で、ちょっと先輩になり、もうなんでもやってもらうだけじゃない!!という雰囲気が感じられます。
ばらさんは、子どもだけでごっこ遊びやサッカーをしたり、年下の子のお世話をしたり、ときには威張ったり、最年長になった喜びと自覚がじわじわと出てきているようです。
園庭では、ちょうちょを追いかけたり、はだしで走り回ったり、水遊び・泥遊びを楽しんだり、畑のえんどう豆を収穫したり、自然に親しみ、生き生きとした子どもたちの姿が見られます。早くも梅雨入りとなりましたが、雨には雨の、良さや楽しさがあることを一緒に感じていけたらいいなあと思います。

個人面談では、お忙しいなか時間を作っていただき、ありがとうございました。おうちのかたの思いを伺うことができ、子どもたちへの理解が深まりました。話すことは大事なことです。いつでも声をお掛けください。
5月号

 入園から約3週間過ぎました。園庭では、みんなで作ったこいのぼりが泳いでいます。新入児のお友達も少しずつ園生活にも慣れてきました。最初はとまどっていた、朝の支度も、あゆみにシールを貼る・タオルをかける・お弁当を出す・ ロッカーにカバンをしまう等… 少しずつ自分からできるようになってきました。また、みんなが楽しみにしているお弁当は「おべんとう、まだー?」と、朝からわくわくしながら待っています。遊びの時間には、ももちゃんはお砂場でチョコレートやお山を作ったり、お部屋では大型ブロックのすべり台が大人気です。進級児のお友達は、ばらさん、たけさんになった自覚も見られ、お友達との関わりの変化も感じられ、はりきっています。お庭でサッカーやお花摘みなど、のびのびと楽しんでいます。
暖かい春らしい日が少なかった4月ですが、5月は青空の下、おもいきり楽しみたいと思います。

 先日は新入児対象の懇談会を、ほっと部屋で行いました。園での様子をお伝えしたり、おうちでの様子をお聞きして有意義な時間を持つことができました。ありがとうございました。今後もほっと部屋などで、父母の皆さんとたくさんコミュニケーションをとっていけたらと思っています。
疲れのでやすい時期ですのて、ご家庭ではゆっくり休養し、元気に登園できますよう宜しくお願いいたします。
4月号

 ご入園、ご進級おめでとうございます。園庭の桜や、子どもたちが植えたチューリップも咲き始め、いよいよ新学期が始まりました。
 一ヶ月前に起こった地震の影響による生活の混乱も少しおさまり、新しいお友だち12人と、進級の21人の元気なお顔が揃って今日を迎えられたことに安堵し、嬉しく思っております。
 今回の災害を受け、子どもたちにどんな未来を残してあげられるのか、日々問われているような思いで春休みを過ごしていました。放射能問題などまだまだ不安材料はありますが、この小さな園に大きな思いを託してくださる保護者の皆様とともに、子どもたちが活き活きと、楽しくすごせるよう、そしてお友だちを大切に思う心を育てられるように力を尽くすことが、園として今やれることだと考えています。
 今年度もどうぞよろしくお願いいたします。

© Midori Yojien All Right Reserved.  e-mail  midoriyoujien@siren.ocn.ne.jp