ロゴ
みどり幼児園
〒193-0841
東京都八王子市
裏高尾町674番地
TEL:042-661-8147
midoriyoujien@siren.ocn.ne.jp http://midori.tama.net
みどりようじえん
園だより

バックナンバー2004年度

バックナンバー2005年度

バックナンバー2006年度

バックナンバー2007年度

バックナンバー2008年度

バックナンバー2010年度

バックナンバー2011年度

バックナンバー2012年度

バックナンバー2013年度

バックナンバー2014年度

バックナンバー2015年度

バックナンバー2016年度

バックナンバー2017年度

2009年度
4月号
5月号
6月号
7月号
夏休み号
お泊り保育特集号
9月号

10月号
11月号
12月号
冬休み号
1月号
2月号
3月号

3月号

みんなで植えたチューリップの芽が顔を出し、畑ではエンドウ豆が少しずつ成長しています。ぽかぽかと暖かい日も増え、そろそろ一年間の終わりを実感し、新しい年度への期待と不安を抱いていることと思います。
 ももちゃんは、園生活の流れをすっかり覚え、先生が声をかけると「知ってるよ」「もうやったよ」と得意げです。たけさんは、年齢に関係なくお友達を誘って遊び、こうしようああしようといろいろ相談したり、ももちゃんに教えてあげたり、頼もしさがでてきました。ばらさんは、残り少ない園の日々を一秒も無駄にしないという感じで仲間と過ごしています。
 
 懇談会では、皆さまから多くの貴重なご意見を伺うことができ、うれしく思います。ありがとうございました。この園は、父母と職員との協力や相互理解がなければ成り立ちません。疑問や心配がありましたら、いつでも声をおかけください。

 悔しい思いも、楽しい思いも、たくさんの気持ちを知ってこそ、どんな困難も乗り越えて行ける生きる力が育ちます。河原や公園はきれいに整備され、学校の校庭は、荒れるから雪の日は入ってはいけない、そんな管理のしやすさが優先される現代で、泥水遊びを思う存分楽しめる園は少ないと思います。(地球を体で感じるのです!)遊具や折り紙が少なくたって、そこにあるものを使って工夫する力が育ちます。周りの大人は、困難を先回りして取り除いたり、必要以上のものを与えることで安心しがちです。それはあくまで、大人の安心の気持ちを満足させるに過ぎません。さりげなくさりげなーく、助けたり、励ましたりして子どもたちの気持ちに寄り添い、力を引き出していきたいと思います。
2月号

 空っ風が吹き、朝は水道の水が凍る寒さですが、お天気続きで日中の外遊びがたくさんできた1月でした。
 たこを作って走り回ったり、霜の混じった泥チョコ作りや、園庭のあちこちに張った氷やつららを集めて遊びました。強風でデッキに出してあったゴミ箱が飛べば大歓声!わざと土ぼこりをもうもうと立てて歩いて真っ白になっては大喜び!どんなことも楽しんでしまう子どもたちです。
 ばらさんは、水彩で毛糸の帽子を一目、一目描いたり、フェルトを縫って手袋を作ったりと、落ち着いてていねいな製作を楽しんでいました。
 たけさん、ももちゃんは、今までになかったお友だちの取り合いや、よけいな手出しを嫌ってもめたりする事も増えて、かかわり方が深くなったように感じます。嫌だと思うこともたくさん経験してほしいと思います。
 2月はおたのしみ行事が盛りだくさん。風邪などひかないように、毎日元気に来て下さい。
1月号

  あけましておめでとうございます。

 冬休みのあいだ、クリスマス、暮れやお正月など、行事を通して、たくさんの人に会ったり、伝統に触れたり、いろいろな経験をして、またひとまわり大きくなったことでしょう。子どものころの様々な体験は、きっと心に残ることと思います。

 3学期は短いですが、一年間のまとめの学期であり、ばらさんにとっては、小学校への期待を胸に、幼稚園生活の総仕上げをする時期です。また、ももちゃん、たけさんは、進級することに誇りを持って、少しお兄さんお姉さんらしくなるときです。

 私たち職員一同、一日一日を大切に、子どもたちの成長を感じながら、心をこめて接していきたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。
冬休み号

今年は暖かい日が多く、最近やっと冬らしい寒さが感じられるようになりました。子どもたちは、そんな寒さもへっちゃらで、外で、バケツにどろのチョコレートを作ったり、お山から水を流して川にしたり、ブランコの二人乗りをしたり、中あてや大縄跳びをしたり・・・お友達を誘って元気に遊んでいます。
 2学期は、行事を通して子どもたちが大きく成長しました。「いっしょにあそぼう。」「かくれんぼするものこのゆびとまれ。」と、ももちゃんから声をかけることも。中あてやこおり鬼などルールのある遊びにたけさんが混じることも増えてきました。ばらさんは、男の子も女の子も関係なく、楽しそうにおしゃべりしたり、ももたけさんに折り紙の作り方を教えてあげたり、園をひっぱっている感じが出てきました。
 今学期の懇談会は、初めて、クラスごとに行いました。皆様から、行事の感想や、家庭での様子などたくさんお聞きすることができました。成長を感じたという話やおうちの方の思いに一緒にうなずいたり、目頭が熱くなったり、人数が少ない分、打ち解けた話ができたのではないかと思います。ありがとうございました。また、行事への参加、ご協力、バザーやいちょう祭り、こども祭りへの出店のご協力、ありがとうございました。
 ロッカーや床の水拭き、外のおもちゃ洗いを済ませ、終了日のお楽しみ会では、歌や、園庭に隠したカードを探すゲームや、フルーツバスケット、先生たちのハンドベルを楽しみます。そして園からのプレゼントと「絵本とお話の会」の坂元先生からのかわいい手作りのプレゼントをもらいます。
 インフルエンザは落ち着いているようですが、まだまだ安心できません。冬休みを元気に楽しく過ごしてほしいと思います。よいお年をお迎えください。
12月号

園庭の銀杏も葉をすっかり落とし、日ごとに冬も気配が深まっています。ストーブをたく日も増えてきました。
 園の畑は、さつまいも収穫後、春に向けてさやえんどうの種をまきました。白菜は漬物や、お誕生日会のクリーム煮、おべんとうの時のお味噌汁、と大活躍でした。収穫後そのまま、生でパリパリ食べたのもおいしかったようです。虫にいっぱい食べられていましたが、真ん中はきれいに残っていて感激でした。9月に子どもたちの小さな手でまかれた種がこんなに食卓をにぎやかにしてくれたことにも感激しました。
 インフルエンザ渦もようやくおさまり、予定通りみてみて発表会をあさってに控え、毎日練習に励んでいます。ふだんの子どもたちの会話や遊びの中からヒントを得て、劇の中に織り込みました。一人ひとりの個性が光る配役や、セリフになっています。
 いっしょうけんめいに先生をまねて踊る姿や、歌詞を覚えようと、口元を見つめる子どもたちの真剣なまなざしに、ドキドキすることもありました。どうぞ出来栄えではなく、そんな子どもたちの小さな成長をあたたかく見てあげてください。
2学期も残り少なくなりましたが、寒さにまけず外遊び中心で元気に
過ごしたいと思います。
11月号

サツマイモの収穫が終わり、干し柿を吊るし、だんだんと冬が近づいてくることを実感します。夏の気候のせいか、サツマイモも柿も昨年より収穫が少なく、ちょっとさみしいですが、今、園の畑では、かぶや大根、白菜が順調に育っています。
 今年の運動会は、風邪でお休みの子が多かったり、直前で雨の日が続いたり、思うように練習ができず、みんなのがんばりをおうちの人に伝えられなかったんじゃないかしら・・・と終わってからいろいろ考えました。しかし、運動会後の日々の生活に子どもたちの大きな成長が感じられ、みんなのたくましさ、力強さにあらためて驚いています。ばらさんは、ももちゃんがふきんを絞るのをどこからかさっときて手伝ってあげたり、大縄跳びでくじけずに何度も挑戦したり、こうしたらいいんじゃないと自分の考えを言ったり、頼もしい限りです。たけさんは、年齢や性別に関係なくいろんなお友達と遊べるようになり、製作では時間をかけて丁寧に仕上げられるようになりました。ももちゃんは、自分もみどり幼児園の一員だ!という感じで当番のときは早めに部屋に入ったり、片付けも一生懸命やっています。運動会だけが成長の様子を伝える場ではなく、毎日毎日の成長をおうちの方とともに喜び、さらなる成長への手助けをしていきたいと思いました。どんなことでも吸収して成長していく様子に、自分も負けていられないとパワーをもらっています。
 
 もう一つの大イベントであるバザーは、あいにくの雨でしたが、「みどり幼児園のバザー」だからこそあんなにたくさんの方が足を運んでくださったのだと思います。4月からずっと時間や場所をやりくりしての準備や当日の係など、お忙しい中ありがとうございました。素晴らしい一日でした。
10月号

 2学期が始まりはや一ヶ月がたちました。夏の名残の強い陽射しと乾いた土ぼこりの園庭に駆け出して行く子どもたちは本当に元気です。
 運動会が近くなり毎日少しずつ練習していますが「今日はなにするの〜」「えー、リレーがしたい」と意欲満々です。年長の男の子たちは覚えたての側転を得意になって披露。これを種目に取り入れられないかと担任は模索中。年中さんは、去年の運動会の記憶に勇気づけられるのか、恥ずかしがり屋さんも今年はすんなり流れにのっています。
 先日、年少さん5〜6人と年中さん1〜2人で、なにやら集まって話し合っているので、遠くから見ていたら、なんとジャンケンをして、鬼ごっこを始めました。その中には、なかなかお友だちと関わらなかった数人も入っていて、日々の成長を垣間見た思いでした。
 なんでも、早く解決しようとしてついつい口を出してしまいがちですが、ゆっくりした子ども時間の中で自主的な一歩を踏み出せるよう
「お口チャック!」を心がけようと思います。

運動会では、ぜひ一人ひとりのそんな成長を見守ってください。
そして、大人の出番では、子どもたちに負けないよう恥ずかしがらずに本気で楽しんでください。

*園庭の草引き、石拾いなどありがとうございました。
  当日のご協力もよろしくお願いいたします。
9月号

長い夏休み、ご家族で楽しまれたことと思います。今日から2学期です。遠足や運動会、発表会など行事も多く、さまざまな体験を通して、一段と大きく成長することでしょう。
 夏休み中に参加したセミナーで、「早寝早起き朝ごはん」が、脳の発達の面から非常に大切だと学びました。生活リズムを整えることで、不安やストレスを解消するセロトニンが大量に分泌されるようになるそうです。不安などが解消されると、安心・喜び・自制心といった情感や、知能、言語などが発達していきます。幼児は、夜8時から朝6時の睡眠が理想です。
 子どもも大人も体調を整え、実りの秋を迎えたいと思います。いろいろご協力をお願いすると思いますが引き続きよろしくお願いします。
お泊り保育特集号

 7月23日朝、空模様は小雨、加えて天気予報は八王子午後から時折強い雨。
しばらく悩むが、去年のゲリラ豪雨で半壊した土地でもあることから、集合時間を2時間遅らせることをやむなく決定しました。

●出発〜すいかわり
 2時間遅れの2時半、高尾駅から園バスに乗り大地沢青少年センターへ出発。
バスの中は待ちに待った子どもたちの声でワイワイとにぎやかでした。到着した時はあいにくの雨でしたが、バスの中で雨合羽を装着。リヤカーに荷物を積んで駐車場から宿泊施設までの長い坂道を行きました。「みんで押すんだ〜!」と声をかけると、カメラのシャッターも間に合わなほどのスピードで駆け上がるリヤカーと子どもたち。降りしきる雨もなんのその、妙に楽しそうでした。

 2便のバスが到着した頃には雨も小康状態。去年遊んだ池の近くですいか割りをすることに。手ぬぐいで目隠しをして、順番に挑戦、でも、なかなか割れず、途中で飽きて池で遊びだす子もいました。割れなきゃ食べれないね〜と最後まで頑張った子もいて、とうとう甘くておいしいスイカを食べることができました。種とばしもおもしろかったようです。
 その場で夕飯の材料になる人参とじゃがいもをみんなで切りました。毎月のお誕生日会でやっているだけあって、手馴れた様子で次々切ってまた池遊びへ。


●お風呂
 お風呂は一番乗りの貸切でした。みんなで「女湯」に入ろうとすると、「え〜オレ男なのに女湯かよ」と言う子もいましたが・・
お風呂バッグに温泉マークなど人目でわかる絵を描いてくださったおかげで誰一人間違わずに準備でき、パンツがない、タオルが入ってない、と部屋に走る先生もいませんでした。ほぼ全員自分で体を洗い、大きなゆぶねにドボン!あついあつい!とすぐに出てしまう子、お風呂大好きとずっと入っている子、様々でした。体を拭くのは苦手な子が多かったです。拭いたことがないという子もいましたが、少し手伝ってあげたら拭けるようになりました。使った洗面器やイスを、きちんと元に戻していました。
 お風呂のあとは夕ごはん。メニューはカレーライスとフルーツサラダでした。
本館の清潔で広い食堂でいただきました。町田から来たというお行儀の良い幼稚園の子どもたちと一緒でした。(余ったメロンまでいただいて、恐縮)カレーはとってもおいしくて、4杯おかわりした子もいました。みんな満足!


●花火〜就寝
 さあ、花火です。手持ち花火とふきだし花火を楽しくやりました。ふきだし花火のときは、離れたところにちゃんと並んで座っている姿がかわいかったです。暗い夜の中をお友だちと歩くのもワクワクするのか、足取りは軽く、「せんせい。つぎはなに?」と、少しでも早く次の楽しいことに心も体も向かっていました。
 部屋に戻り「はみがきするよ」というと、さっとリュックから歯ブラシをとりだしパーっと洗面所へ。「水筒集めるよ」といえばあっという間に持ってくる。
パジャマに、というや否やもうさっさと着替え始め、まだまだやる気。
 みんなで布団を敷き、シーツを敷き、枕にカバーをかけて、いよいよ寝る時間です。9時にお話を読み始めましたが、いっこうに寝る気配はなく、わいわいざわざわ、誰かがトイレといえば、ボクも私もとぞろぞろ・・・「あしたの朝ごはんはなに?」「明日はなにするの?」「明日はぼくのおかあさんくる?」の質問、そしてその答えや意見が飛び交い、なかなか静かになりません。でも、おうちが恋しくて泣く子は一人もいませんでした。ほとんど子が寝入って、シーンとし始めた頃、「あ〜今日のカレーおいしかったね」としみじみした声を最後に全員夢の中へ。(11時・・・・)どんな夢をみたのかな?


●次の朝
 例年どおり、早起きの子どもたちが6時には先生を襲撃します。「まだ寝ている人がいるから(先生たちもなんだけど)静かにね」と言って、布団に戻そうとしますがあっという間ににぎやかな朝を迎えました。残念なことに、霧雨が降ってまだ天候は回復していませんでしたが、窓の外には雨ににぬれた樹々がしっとりと見えて、とても綺麗でした。
 朝ごはんは昨夜と違って、とても静かでした。いつもおやつでお世話になっている「グートワーム」のパンにレタス、きゅうり、ウインナーをはさんでいただきます。それだけでおなかがいっぱいになり、レーズンとくるみのパンはおみやげになりました。やっぱり少しトーンダウン。心はもうおうちのようです。その後、2便に分かれて高尾駅へ。帰りのバスの中も、びっくりするほど静かでした。

今回のお泊り保育は、雨のため外遊びはあまりできませんでしたが、「外で遊びたい」とか、「つまんない」と言う子は一人もなく、終始とても楽しそうでした。おうちから離れて、みんなでごはんを作って、食べて、お風呂に入って、寝る。もうそれだけでも充分大きな体験だったと思います。
このお泊りが、一つの自信になり、また楽しい思い出として心に刻まれたら嬉しい限りです。
準備や送迎、また子どもへのさりげない励ましなど、おうちのほうでも、いろいろと心配りをしていただいたことと思います。ご協力ありがとうございました。

  長い夏休みをどうぞお元気でお過ごしください。


夏休み号

 畑のとうもろこしが夏休みに間に合うように収穫できました。みんなで皮をむいて、すぐにゆでて、お帰りの前に食べました。おいしかったかな?
 雨の日も、蒸し暑い日も、かんかん照りの日も毎日元気に遊んだ1学期がもう終わりです。新しいお友だちを迎えて遊びの中にも変化が生まれ、仲良しの仲間も広がりました。
 先日のリトルホース来園では、馬の背中に乗ってお庭を1周したり、人参や干草をあげたり、頭をなでたりと、小さなお馬さんと触れ合っていました。「今日もお馬さん来る?」と、いまだに聞かれます。
 七夕の短冊に書かれた願い事には、「大きくなったらパパになりたい」「ママになる」という微笑ましいものから、うちわを作りたい、ゴーオンジャーを見たい、空をとべるようになりたい、長生きしたいなど、面白いものがたくさん!元気に大きくなって願いが叶えられますように!
 明日は子どもたちが楽しみにしている夕涼み会です。ハンドベルの練習の成果を、ぜひお聴きください。
 長い夏休み、心も体も大きくなって、また9月にいいお顔でお会いしましょう。
7月号

暑かったり、涼しかったり、不安定な天気が続いています。大人も子どもも体調を崩しやすい時です。早寝早起き朝ごはんで乗り切ろう!
 待望のプール遊びが始まりました。頭から水をかぶっても全然平気な子、ワニ歩きを楽しむ子、ぎゅうぎゅう満員のプールでいつ水が顔にかかっちゃうかちょっとドキドキの子、早々に引き揚げる子、まさに水を得た魚という感じで普段より活発になっちゃう子など、子どもたちの様子はいろいろです。そして静かに水遊びをしたい子には、畑の横にビニールプールが用意してあります。畑と洗濯物とビニールプールの子どもたち…古き良き日本の風景のようで、保育者もほのぼのとした気持ちになります。
 園庭には、最近、フラフープの電車がたくさん走っています。お客さんを乗せると、運転がとても難しくなります。早く行くと転ぶし、運転手さんの行きたい方向に行けるとは限らないし、お客さんも運転手さんになりたくなっっちゃうし。転ぶと怪我をするし、フラフープの取り合いになるし、最初はハラハラしながら見守っていたのですが、一人じゃないときはゆっくりいく、「あそこにもう一つフラフープあるよ」と教えてあげるなど、子ども同士でだんだん上手なやり方を見つけているようです。大人が間に入ればもっと早く上手なやり方がわかります。しかし、自分たちで考えることがこれからいろいろな問題にぶつかったときにきっと乗り越えるための力になるのだと思います。日々を子どもと過ごしながら、ほんとは頼れる先生たちなんだけど、子どもたちが、『先生は頼れない自分たちで何とかしよう』と思ってくれるといいなあと考えています。
 
6月号

 気持ちのいい風と陽射しを浴びて、外遊びをたくさん楽しんでいます。
畑のえんどう豆が豊作で、毎日のように子どもたちと収穫し、お弁当の時間に何度もテーブルにのりました。生で食べても甘いえんどうでした。
 ももちゃんが蒔いたとうもろこしが芽を出し、ばらさん、たけさんが植えたミニトマトときゅうりの苗もすくすく育っています。まだまだ緊張気味の子も、畑の中にいると柔らかい表情になって、小さな手でいろいろお手伝いをしてくれます。えんどう豆の畑を掘り起こすと、幼虫や、だんご虫、ありなどがぞろぞろ出てきて、大騒ぎ!気味悪がっていた子も、平気で捕まえる大きい子のまねをして、触っていました。
 初めての遠足は、広い野原で走り回ったり、崖のような山肌を登ったり、鳴き声をたよりにカエルを探したりとのびのび遊んで来ました。
 帰ってから描いた遠足の絵は、遊んだ場所の図解入りまであり、思い思いに楽しんだ様子がうかがえました。
  水遊び、泥遊び盛んになってきました。毎日子どもたちも、園庭もどろどろです。多めの着替えと、衣類への記名をお願いします。

 個人面談では、おうちでの楽しいお話、ご心配なことなどをお聞きすることができました。今後の保育の参考にしていこうと思います。

 今月から全員4時降園になりますが、体調に留意し担任と相談の上、無理のないよう早目のお迎えにご協力ください。
5月号

新緑の中、 さわやかな風をうけて、みんなで作った鯉のぼりが元気に園庭を泳いでいます。 タンポポやペンペングサを摘んで「お母さんに持っていく」という子や「お部屋に飾って」という子がいたり、お友達と一緒にてんとう虫を探したり、石をひっくり返してでてきたたくさんのアリに驚いたり、春を満喫しています。
 新しい年度が始まりそろそろ三週間です。新入園の子たちは、何もかも初めての体験の園生活ですが、みんなの様子を見ながら慎重にやっていたという感じから、ようやく、幼稚園ってこういうところか、先生に気を許しても大丈夫そうだぞと少し緊張が解けて、個性が見え始めてきたようです。進級の子たちも、新しい環境に緊張していたようで、一足先に始まったお弁当の時間はあまりにも静かで音楽をかけてしまったほどでした。でも、どの子も「もうたけさんだから」「もうばらだから」と誇らしげで、前はやれなかったことにも挑戦してみようという気持ちがあるようです。(以前、学年ごとにクラスを分けていた時の年少「もも」、年中「たけ」、年長「ばら」の呼び方を今も使っています。)
 大人が無理にやらせようとするより、子ども自身がやろうという気持ちを持つことが大事なのだと改めて感じます。そういう気持ちを持っていろいろなことに挑戦できるよう応援していきたいと思います。
 おうちでゆっくり休んで、毎日元気に登園してください。
4月号

入園、進級おめでとうございます。
この地に移転して3回目の春を迎えました。子どもたちと植えたチューリップが咲き始め、桜も満開になりました。
 今年度は19名の新しいお友だちが入園し、にぎやかなスタートです。
入園、進級を心待ちにしていた子どもたちの輝くような笑顔が、ずっと続くように、職員一同精一杯心を尽くしていこうと、気持ちを新たにしています。
 初めての集団生活で緊張気味の子もいるかと思いますが、子ども時間でゆっくりと見守っていきたいと考えています。保護者の皆様も、子どもの様子、園生活のことなど、気になることはなんでもおはなしください。一緒に考えていきましょう。
 みどり幼児園に吹く風がいつも優しく、あたたかであるように、どうぞご協力をよろしくお願いいたします。
© Midori Yojien All Right Reserved.  e-mail  midoriyoujien@siren.ocn.ne.jp