ロゴ
みどり幼児園
〒193-0841
東京都八王子市
裏高尾町674番地
TEL:042-661-8147
midoriyoujien@siren.ocn.ne.jp http://midori.tama.net
みどりようじえん
園だより

バックナンバー2004年度

バックナンバー2005年度

バックナンバー2006年度

バックナンバー2007年度

バックナンバー2009年度

バックナンバー2010年度

バックナンバー2011年度

バックナンバー2012年度

バックナンバー2013年度

バックナンバー2014年度

バックナンバー2015年度

バックナンバー2016年度

バックナンバー2017年度

バックナンバー2018年度

2008年度
4月号
5月号
6月号
7月号
9月号
10月号
11月号

12月号
冬休み号
1月号
2月号
3月号
卒園記念号

卒園記念号

今日元気に卒園の日を迎えた14人のばらさん、おめでとうございます。
入園当初のあどけないお顔や、一人一人にまつわるエピソードを思い出しながら, 身も心も大きく成長したその力に感激しています。
炎天下のもと、汗だくになりながら園庭を走り回ったり、水が凍るほどの寒さの中での泥水遊び。暑い寒い、きれい汚いなど、そんな些細なことはもろともせず、いつでもどんなときでも自由な心で笑顔を振りまく子どもたちから学ぶこともたくさんありました。
みどりで過ごした時間は、一生の間でごくわずかだったかもしれませんが、自立の第一歩を、この環境で育んだ事は、この先大きな力となる事を信じています。いつまでも瞳を耀かせて前に進んで行って欲しいと願っています。

ももさん、たけさんも終了おめでとうございます。
いつのまにか、大きな子に混じって野球をしたり、ドッチボールをしたりできるようになりました。階段を一段一段ゆっくりと休みながらでも確実に登っていけるそのたくましさに、これからのみどりをしょってたってくれることを期待しています。

ご父母の皆様には、一年間職員と共にみどりを支えていただきありがとうございました。 一年間大きな事故もなく無事に過ごせた事に安堵しています。
今後ともみどり幼児園を暖かく見守ってくださる事をお願い申し上げます。
3月号

  風の中に春の匂いを感じるこの頃。
園庭の隅に咲き始めた犬ふぐりの小さな花は、さっそく子どもたちのおままごとのおともにされています。

子どもたちは、2便の園バスが到着すると同時に外へ飛び出し、ボールけり、ポケモンごっこ、かくれんぼ、チョコレート作りなど、過ぎ去っていく時間を惜しむかのように、今まで以上に活き活きと遊び込んでいます。
お部屋の中では、迷路を書いたり、物を作ったりしながら、お友達と関わって楽しそうな様子も多く見かけるようになりました。
日々のなにげない時間の中で、どの子も確かな成長をみせてくれ、降園後職員の間ではあの子がこんなこともできるようになった、という嬉しい話で盛り上がることもしばしばです。
あと3週間足らずで、卒園、終了式ですが、実感が湧かないくらい穏やかで、のんびり、にぎやかな毎日です。

御父母の皆様と子供たちの成長を共にみつめ、私達も一緒に成長させていただき、また一年が終わろうとしています。
残りわずかな日々をかみしめながら、貴重な時間を大切に過ごしたいと思っています。



  入園・進級おめでとうございます。

 色とりどりの花が咲き乱れる美しい季節になりました。
10人の新しい子どもたちを迎え、総勢31人で新学期がスタートしました。
 初めての集団生活に期待と不安で小さな胸をいっぱいにしている新入園児。上のクラスになった喜びとともに、今までと違う様子に戸惑っている進級児。どの子も早く園生活に慣れて、安心して遊べるように職員一同心を尽していく所存です。
 こちらの気づかない点や、ご心配なことは些細な事でもお聞かせください。御父母の皆様のご協力をお願いして、心を合わせて子ども達を見守っていきたいと思っております
2月号

 園庭のあちらこちらに氷の張る寒い朝が続いていますが、近くの梅はもう満開に近く、甘い香りを運んできます。
 どんなに寒くても水遊びを楽しみ、朝のランニングを「今日は10週!」と頑張るこどもたちですが、ここでちょっと風邪ひきさんが多くなってしまいました。はやく全員揃って元気に遊びたいものです。
 3学期になって、ごっこあそびだけではなく、野球でもピッチャーをやる子があらわれたり、なかあてもルールを先生によく聞いて参加する子が増えてきました。ももちゃんも大好きなトロッコを上手に貸してもらえるようになり、大きな子とも関わって遊ぶ姿をよく見ます。時にはトラブルも起きますが子供同士の関係が深まっているからこそと思います。今まで自分のことしか興味のなかった子が、泣いている子にティッシュを渡したり、わざとじゃなくても悪かったら素直にごめんねと言えたり、一つ一つは小さなことですが、たくさんの個性がぶつかりあう集団の中では大きな成長ではないかと感じています。 あと1ヶ月半あまりのこの仲間でもっともっと仲良しが深まるよう見守っていきたいです。
 2月は意外と行事が多い月です。体調に充分注意して元気に楽しめるようご配慮お願いいたします。
1月号

   あけましておめでとうございます
 
 穏やかな陽ざしとともに新年を迎えました。
暗いニュースが多い昨今、衣食住に困らない平穏な生活に感謝の気持ちをもたずにはいられません。
今年も、様々な風が吹くなかで、子どもたちはどんな表情をみせてくれるのか楽しみです。

 好天に恵まれたお正月でしたが、ご家族で楽しく過ごされたことと思います。遊びに出かけたこと、たこあげ、トランプ、カルタ、など子どもたちの話からヒントを得て幼稚園でもいろいろ遊んでみたいと考えています。

寒い季節ですが、外遊びをたくさんして元気で楽しい幼稚園生活が送れるように、努力していきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いします。
冬休み号

園の畑も毎朝霜でおおわれ、冬の景色に様変わりしてきました。
デッキで干した柿も甘みを増して、先日子どもたちのお帰り前のおやつとして味わい、お部屋の掃除、外のおもちゃ洗いを子どもたちの手ですませて、冬休みを迎える日になりました。
  たくさんの行事があった2学期。高尾山遠足、運動会、みてみて発表会などを通して、どの子も大きな成長を見せてくれたと思います。先生抜きでたくましく遊ぶばらさん、いたずらしたり、ふざけたりと、茶目っ気をみせるようになったたけさん、その中にいつのまにかももちゃんの姿もみるようになってきて、お友だち同士のつながりも深まってきたように感じています。懇談会では、お母さん方から行事の感想や、おうちでの様子などをたくさんお聞きすることができました。おうちでのほほえましい裏話や、お母さん方の運動会、発表会への思い、職員への励ましの言葉などをお聞きすることができ、温かい時間を持つことができました。
 また、行事への参加、協力、バザーやいちょう祭り、子ども祭りなどへの出店にもご協力いただき、心より感謝しています。ありがとうございました。
 終了日には、歌やゲーム、ブラックパネルを楽しみ、「絵本とお話の会」の坂元先生から、手作りのプレゼントを一人一人にいただき楽しく過ごしました。寒い日が続きますが、病気や怪我などがないよう、どうぞ良いお年をお迎えください。
12月号

紅葉も葉を落としはじめ一年のしめくくりの月を迎えようとしています。

 <11月の晴れた日>
色とりどりの山々に囲まれた園庭では野球に白熱する子、一輪車にチャレンジする子、ごっこ遊びに夢中になっている子どもたちの元気いっぱいの声が響きわたっていました。
11日に行われたやきいも大会では、清明園からのお年よりの方々と自主学校「遊」の子どもたちを含めた全員で、大きな輪を二つ作り、わらべうたで遊びました。園の子はちょっと恥ずかしそうにしながらも嬉しそうで、ゆったりと、ほのぼのした時が流れ、楽しく過ごす事ができました。

 <干し柿!!>
今年も園バスの運転手さんに切っていただき、数人のお母さんにも皮むきを手伝っていただいてデッキに吊るした柿。
天候のせいか三分の一ほどカビでダメになりとても残念。
来年は、うまくできますように。

 <キャロットさんの給食>
旬の素材を生かしたシンプルな調理に子どもたちも慣れてきて、素材の味を感じとれる子も増えてきました。子どもの味覚を大切に守りたいですね。

 <いちょうまつり>
様々な形でご協力ありがとうございました。
楽しい一日になりました。お疲れ様でした。

 <みてみて発表会>
いよいよ明日に迫りました。どの子も一生懸命頑張って練習してきました。子どもたちがストレスに感じないように、練習時間は多くはありませんでした。出来栄えよりも、一人一人の頑張りと成長を見て感じていただきたいと思っています。
11月号

園庭の柿の実も赤く色づき、実りの秋も深まってきました。先日の運動会では子どもたちの大いなる実りを感じていただけたかと思います。どの子も一生懸命で、わくわくした表情、やりきった満足気な笑顔をたくさん見せてくれました。当日の頑張りもさることながら、毎日の練習が「今日はなにやるの?」「次はなにやるの?」と楽しく取り組めたことが印象的でした。恥ずかしかったり、緊張したりで、100パーセントの力を出し切れなかった子も、毎日見ている私たちにとっては、「来年はきっとできるね!」と思えるいい運動会でした。
 お父さん、お母さんの一致団結したむかでリレーや、お子さんを背負って走り回るしっぽとり競争など、親子での楽しそうな笑顔を見せてもらえたこともよかったです。ご協力ありがとうございました。
 さて、子ども達の実りの秋はまだまだ続きます。先日のおいもほりでは,自主学校「遊」のお兄ちゃんお姉ちゃんにつるを切って用意してもらった畑に入り、思いっきり掘りました。そのあと、「遊」を相手にいつのまにかサッカーが始まり、何とか勝とうとハンディをつけてもらったり、ゴールにずらっとすきまなくキーパーをつけたりといろいろ工夫して子どもたちだけで楽しく遊んでいました。時々ではあるけれど、長く続けている「遊」との交流がしっかり根づいて、こんないい時間を作っているんだなあと感じながら、写真をいっぱい撮りました。
 やきいも大会、高尾山遠足、発表会と楽しい行事がたくさん続きますが、日々の積み重ねがあってこそだと痛感します。そして、健康がなにより!子どもたちが毎日を元気に過ごせるよう、薬に頼らず自前の免疫力をきたえて、体づくりをしてほしいと思います。

10月号

 季節が移り変わり、肌寒い日が多くなってきました。
運動会まで残りわずかとなり、練習に本腰をいれはじめました。とは言っても遊びの延長感覚で、かけっこ、障害物競走、リレーなど楽しそうにしています。、雨の日でもお部屋の中で威勢良く踊ったり、歌ったりと練習に励んでいます。
運動会が初めてのももちゃんはきょとんと、たけさんは恥ずかしそうに、ばらさんは喜々として、その日を迎えることでしょう。
 体を動かすことが苦手な子、恥ずかしがりやな子、緊張しやすい子など個性豊かな子どもたちですが、どの子も一生懸命です。昨日はぜんぜんできなかったけれど、今日は少しやれたところがあったとか、私たちは、その子の頑張りに気づき、みとめてあげて自信がもてるように見守っています。ご家庭でも、プレッシャーにならないように、そっと励ましてあげてください。そして当日は暖かい声援をお願いします。
 また、いろいろお手伝いをお願いすることになりますが、どうぞご協力願いします。
 体調を崩しやすい季節です。しっかり健康管理に励み、元気に運動会を楽しみましょう。
9月号

 長い夏休みが終わり、今日から2学期始まりました。それぞれのご家庭で楽しく過ごされたことと思います。
 休みの間に園の畑では、ひ弱だったナスやトマトが雑草にも負けずたくましく育っていました枝豆やオクラも、子どもたちの手で収穫されるのを待っているかのようです。
 2学期は子どもたちにとっても実りのある成長の時期です。行事を通して、感性豊かにたくましく育っていけるよう、力を尽くしたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
7月号

 雨の多い毎日ですが、キャロットさんがおやつと一緒に持ってきてくださった紫陽花がお部屋の中を彩り、元気な声が響き渡っています。
 新しいお友だちも一緒になって「ロンドン橋」や「かごめかごめ」をやったり、みんなで協力して積み木やブロックで大作を作ったりと、子どもたちだけで遊ぶ姿も見られるようになってきました。 畑にまいた枝豆の芽も、さつまいもの苗もすくすく育っています。
 一日中雨でお外に出られない日は、午後のお片づけを少し早めにしてみんなでお部屋のそうじをしています。ほうきや、ちりとりを奪い合うように持っていったり、我さきに雑巾をしぼって、床や窓をふいていて、どんな遊びよりも、一斉活動よりも、一丸となってお掃除している姿にちょっとびっくりです。いかに汚いところを見つけたか、いかに綺麗になったか、声高に教えてくれます。おうちでも、こんなふうにお手伝いしているのかな?
 日々の暮らしの中で子どもたちのいいところを、たくさん見つけてあげたいです。そして、少しずつ年長さんとして年中さんとして、年少さんとしての自覚が芽生えていったらいいなあと願っています。
 あと3週間ほどの一学期ですが、暑さに負けないよう元気に登園してください。
6月号

  さわやかな初夏の季節。豊かな自然に囲まれた園庭では、毎日子どもたちの元気な声が響きわたっています。
新入の子どもたちは、園の一日の流れが少しずつわかってきて固かった表情もやわらぎ、朝のお支度がすむと大きい子に混じって遊べるようになりました。朝の体操も、見よう見まねで体を動かす様のかわいらしいこと。
 進級の子どもたちも新しい仲間の名前をすっかり覚え、「OOちゃんおいで〜」と手を引いて遊びに誘ったり、シールを貼るのを教えてあげたりとお兄さん、お姉さんらしくなってきました。また、昨年秋に植えたえんどう豆の収穫に大忙しで、大きいのを見つけては大喜びしたり、「お母さんのお土産!」と嬉しそうでした。
 子どもたちにとって、自立の第一歩となる幼稚園生活。集団生活の中で様々なルールを学んだり、我慢することを覚えたりしながらたくましく育って欲しいと願っています。
5月号

 新学期が始まり20日あまりがたちました。新入の子はもちろん、進級した子どもたちも新しい環境にまだ少し緊張気味ですが、朝の支度時などは、年長の子が小さい子どもたちと一緒にシールを貼ったり、タオルをかけに行ったりと、お兄さんお姉さんぶりを見せてくれています。
 畑の土を掘ると、ミミズやカメムシが見つかります。2年目3年目の子どもたちはどんな虫も愛おしそうに眺めたり、虫かごに入れたりしていますが、初めての子はちょっと気味悪そうにしています。この園での暮らしの中でいつのまにか、みんな虫好きになるのでしょうか?
 プールの横の椿の木は木登り好きに大人気です。そこに登って、枝をゆさゆさゆすると、枯れた花びらが降ってきます。それを見て、それまでずっと寡黙だった子が初めて、花が咲いたような笑顔をみせていました。小さなきかっけで、少しずつ溶けこんでいくのであれば、そんな場面をたくさん作ってあげたいものです。
 気候の良い時期になり、水遊び、泥遊びも盛んになってきました。走り回って汗もかきます。着替えをたくさん用意して、たくさん遊ばせてあげてください。
 そしておうちでは、早寝早起きを心がけ、毎日元気に登園してくださいね。
4月号

  入園・進級おめでとうございます。

 色とりどりの花が咲き乱れる美しい季節になりました。
10人の新しい子どもたちを迎え、総勢31人で新学期がスタートしました。
 初めての集団生活に期待と不安で小さな胸をいっぱいにしている新入園児。上のクラスになった喜びとともに、今までと違う様子に戸惑っている進級児。どの子も早く園生活に慣れて、安心して遊べるように職員一同心を尽していく所存です。
 こちらの気づかない点や、ご心配なことは些細な事でもお聞かせください。御父母の皆様のご協力をお願いして、心を合わせて子ども達を見守っていきたいと思っております
© Midori Yojien All Right Reserved.  e-mail  midoriyoujien@siren.ocn.ne.jp