ロゴ
みどり幼児園
〒193-0841
東京都八王子市
裏高尾町674番地
TEL:042-661-8147
midoriyoujien@siren.ocn.ne.jp http://midori.tama.net
みどりようじえん
園だより

バックナンバー2004年度

バックナンバー2006年度

バックナンバー2007年度

バックナンバー2008年度

バックナンバー2009年度

バックナンバー2010年度

バックナンバー2011年度

バックナンバー2012年度

バックナンバー2013年度

バックナンバー2014年度

バックナンバー2015年度

バックナンバー2016年度

バックナンバー2017年度

バックナンバー2018年度

2005年度
4月号
5月号
6月号
7月号
9月号
10月号
11月号

12月号
冬休み号
1月号
2月号
3月号
卒園記念号

卒園記念号

 今日元気に卒園の日を迎えた7名のばらぐみさん、おめでとうございます。
先日、朝陽を浴びて黄金色に輝くクロッカスの花を子ども達とため息をついて眺めました。なんて綺麗!これを絵に描きたい!子どもたちの発見した季節の移ろいを残すことができたらと思いお庭で絵を描くこともありますが、なかなか全部は拾い切れません。でも花を見つめる子ども達の瞳をみると、きっと筆では描く事の出来なかったことも心にくっきりと描かれているのだと感じました。
 自然を友達にしながら、たくさん遊んだみどりでの日々が成長の肥やしとなり、根っことして、茎として、早花として、大きく拓くことを心より願っています。
 チャレンジ精神旺盛なたけぐみさんは、サッカーや縄跳び、一輪車に鉄棒と遊びの幅を広げてきました。すっかりお兄さん、お姉さんらしくなってきたももぐみさんは、新しい小さなお友だちを迎える歌をしっかり覚えて誇らしそうに歌っています。どの子も元気に1年を過ごせた事を嬉しく思います。惜しみないご協力とご支援をしてくださった保護者の皆様に厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。
 新年度に向けてどうぞお元気で春休みをお過ごし下さい。
3月号

 寒さの厳しい冬でしたが、秋に植えたチュウリップの球根が顔を出し、ようやく春の兆しが感じられる季節になりました。 
 3学期になり各クラスともまとまりを見せ、どの子も思い思いに園生活を楽しんでいるようです。
 マラソン大会では、始めに力を全部使いきらず、できるだけ同じ早さで、なるべくとまらないという目標を理解し、全員が最後まで走りきることができました。お買い物ごっこでは、紙粘土のぺろぺろキャンディー作りに精を出すももぐみさん、独自の発想でまな板を作り上げたたけぐみさん、スライム作りに夢中になっていたばらぐみさんが、お買い物当日は飼いたい品物をあらかじめ決めてあり、バーゲン初日のような勢いで買い物を楽しんでいました。 
 卒園式を目前に控えた子どもたちは、歌の練習にも身が入り、歌詞を覚えようと一生懸命です。どの子も進級するという自覚を持っているようです。ももぐみさんは、上着のファスナーができるようになったり、転んでも泣かないことを誇らしげに話してくれます。
 先日の懇談会では、建設的なご意見を伺うことができ嬉しく思います。みどり幼児園が、より良い保育環境の中で保たれるよう、力と知恵を出し合えることを望んでいます。
 1年間ご協力ありがとうございました。
2月号

インフルエンザの猛威で3日間も休園してしまいましたが、ようやくほぼ全員のお顔が揃うようになりました。週末に降った雪が思いのほか溶けず、何日もソリ遊びを楽しみました。冷たい北風に頬を赤くしながら歓声をあげてすべっている子どもたちを見ていると「元気が一番!」と改めて感じます。」
 オニエンテーリングに向けて皆で協力して段ボールの鬼を作っています。どれをたまにするか、何色に塗るか、わいわい言いながら楽しそうです。余った段ボールを電車にして思い思いに絵を描いている子たちもいきいきとしていました。
 朝のマラソンでは、凍った雪を心配する私たち大人をよそにみんな慎重に、転ぶことなく走っています。誰が一番だったか2番だったか、そんなことは関係ないとか関係あるとか、毎日ゴール地点でけんかになっていたたけぐみさんも最近は平和になってきました。走ることにこんなに一生懸命になる子ども達ばかりというのも珍しい!マラソン大会が楽しみです。
 今年度も残すところ一ヶ月半ほどですが、おともだちとの遊びも、仲良しも深まる時期です。あたたかく見守っていきたいと思います。
1月号

 新年おめでとうございます
 寒さの厳しいお正月でしたが、ご家族で楽しく過ごされた事と思います。遊びに出かけたこと、おもちを食べたこと、かるたなどで遊んだりしたことなど、幼い頃の思い出は格別で、心に残ることでしょう。
子どもの痛ましいニュースが絶えない昨今、子ども達の健やかな成長を願ってやみません。
 3学期は短いですが、1年間のまとめの学期あり、ばらぐみさんにとっては小学校への期待を胸に、幼稚園生活の総仕上げをする時期です。私達職員一同、一日一日を大切に心をこめて子どもたちと接して行きたいと、決意を新たにしています。どうぞよろしくお願いします。
冬休み号

 12月に入って一気に寒くなり、園の水道は連日凍って水の出ない日が続きました。
でも子ども達は蛇口のつららにも、お山の霜柱にも大感激。霜で縁取られた落ち葉を大事そうに見せてくれます。どんなに寒くても外遊びが大好きな子どもたち。砂まみれ、埃まみれ、泥まみれでよく遊びました。
 最後の3日間で、外のおもちゃ洗い、お部屋の大掃除をみんなでして、お楽しみ会では園舎と園庭に隠したカードを探すゲームやフルーツバスケット、歌、先生達の出し物などで楽しみました。
 お家の方々のご協力のおかげで2学期も滞り無く終了しました。素晴らしい畑もできて、来年はおいしい野菜をたくさん食べられそうです。また落ち葉掃きなどもご協力ありがとうございました。休み中病気や怪我のないよう良いお年をお迎え下さい。
12月号

 例年より少し遅れた紅葉は、今が見頃です。
色鮮やかなもみじや、イチョウの葉の美しさに子ども達と見とれてしまいます。
 みてみて発表会はいかがでしたか。様々な感想をお持ちの事でしょう。一つの行事は子ども達だけでなく、私達も成長させられます。練習どおりに行かない子ども達の動きに、微笑ましかったり、はらはらどきどきしたりする楽しいひと時でした。
この発表会の練習に要した日数は約10日間ですが、セリフや歌、合奏、踊りを覚えるのに大忙しだったと思います。どの子もよくがんばりました。恥ずかしくて動きが小さくなったり、緊張で固くなったりしたのも良い経験となることでしょう。
 お家の方々には、衣装作りから、舞台の組み立て、片付けまでお手伝いいただき本当にありがとうございました。
 2学期も残すところわずかとなりましたが、風邪などひかずに元気に登園してほしいと思っています。
11月号

 すっかり秋らしくなり園庭の落ち葉掃きの季節になりました。
 雨の多い10月でしたが、先日の運動会は無事に行うことができホッとしました。お家の方々にはたくさんお手伝いをしていただきありがとうございました。楽しんでご覧いただけましたでしょうか。
 子ども達はどの競技も楽しみながら精一杯力を出せたように思います。そして、嬉しさ悔しさなど、様々な経験をしました。表現の中での大縄は、はじめは跳べるのは1、2人でした。自分は出来ないと決めつけて、やろうとしなかった子が、ある日ふとしたきっかけで「とんでみよう」という気になり、それが跳べることにつながりました。私たちは、子ども達が苦手なことを<やってみよう!>と思える気持ちを育てたいと考えています。小さな事でも、やる気を応援し、できた時には子ども達と同じ気持ちで、保育社冥利に尽きるのです。
 近頃子ども達は積極的に、野球、サッカー、かくれんぼ、おばけごっこなど年齢、性別問わず入り交じって遊んでいます。運動会をやりとげて充実感にあふれているように見えます。
 さて、今度はみてみて発表会です。それぞれの個性が生かされるような自然な仕上がりを望んでいますが・・・
 どうぞお楽しみに。
10月号

 園舎前の桜の葉っぱも落ち始め、少しずつ秋の気配を感じます。お部屋を2つに分けた保育生活にもなじみ、落ち着いてきました。朝のお歌の時間の前に自分の席にちゃんと座り、待っている姿がほほえましい毎日です。
 運動会の練習が始まりました。よ〜いどん!も、リレーのバトン渡しも、並んでの行進も始めての子が多いのですが、みんなやる気満々!活気あふれた毎日の練習を楽しんでいます。9月の遠足に行った動物園で見た動物達をテーマにした表現活動も取り入れたいと考えています。
 先日、お砂場の砂の入れ替えを子ども達としました。古い砂をトロッコに入れて、園庭の石がむきだしの部分に撒いたのですが、子ども達が思いのほか頑張ってくれました。
大きなスコップで砂を入れる子、トロッコを押して行く子、まいた砂をシャベルでならす子・・・。「さ、今日も土木工事だ」と言うと、われ先に道具を取りに行き、何度も往復して、何日もかけて砂を撒きました。ふかふかの新しい砂場にも大喜びですが、運動会当日は見違えるようになった園庭で、力いっぱい走り回ってくれることでしょう。
 おうちの方にもたくさんご協力をお願いしております。皆で協力して、楽しく、心に残る運動会にしましょう。
9月号

 長い夏休み、ご家族で楽しまれたことと思います。7月末のお泊まり保育には16人が参加し、藤野の山で探検をしたり、プール、川遊びなどめいっぱい遊んできました。(詳細は掲示中の園だよリ‘おとまりほいく特集号’をごらんください。)
 真夏の幼稚園は園舎前の桜の木からシャワーのように蝉が鳴いていました。今日から2学期!また子ども達の声でにぎやかになりそうです。
 今学期からお部屋を2つに分けて活動します。多少の混乱はあるかと思いますが、子どもたちにベストな環境を作り、ばらさんらしさ、たけさんらしさ、ももちゃんらしさをそれぞれ生かせるよう努力して行きたいと思っています。また、大きな行事を経験することで力をつけて行ってくれることでしょう。おうちの方にもいろいろお手伝いいただくことがあると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。
 まだまだ暑い日が続きそうです。早寝早起きで、大人も子どもも元気いっぱい登園してください。
7月号

 6月にしては記録的な暑さが続いています。雨が降ればお部屋の中で壊れそうなほどの歓声をあげて遊び、お天気がいい日は汗や泥水で何度も着替えながら、いつでも元気な子ども達です。
 新しいお友だちが大勢加わり、戸惑ったりけんかしたりと幼い勢力争いの時期も過ぎ、「新しい子」「前からいる子」の垣根もとれてきたようです。仲のいいグループの顔ぶれが変わり、遊びの種類も増えてきました。
 プール遊びの初日は水着が紐のようになって泣きべその子、脱いだ服が行方不明になる子など着替えるだけで30分もかかりました。でも、みんな水に入ると大歓声。顔に水がかかるだけで泣いていた子も自分で作った牛乳パックのシャワーだと、嬉しそうに浴びていました。
 子ども達が植えた畑の野菜達もすくすく伸び、先日「先生!なす!なすのでっかいのができてる!」と教えてくれて初収穫。お味噌で炒めてお弁当の時にほんの一口ずついただきました。僕は食べない、と決めていた子も一切れ口にしていました。水も、泥も、苦手な野菜も、暑さも、すべて殻破り体験かもしれません。
 蒸し暑い日がまだまだ続きますが、あと半月元気に遊んでほしいと思います。
6月号

 さわやかな初夏の季節になりました。
新入園の子も少しずつ園生活になれてきて、お部屋の中は落ち着きをとりもどしつつあります。朝、お母さんから離れる際に泣いてしまう子、上履きや靴を一人ではけなかった子、自分の持ち物を片付けられなかった子など様々でしたが、今ではちょっとした言葉掛けでいろいろなことがスムーズにできるようになりました。5月初旬のこいのぼり遠足の時は、短い距離でも手段で歩くのは大変でしたが、その十日後の陵東公園への遠足は長い距離をお友だちと手をつなぎ、足取りもかるくあっというまに到着してしまいました。
 たけ、ばら組は、友だち同士の輪が広がり、ごっこ遊び、木登り、サッカーなどいろんな遊びを繰り広げています。虫取りの得意な子の刺激を受け、地べたを這う集団も目立つようになりました。
 幼稚園という小さな社会の中で、思いどおりにいかず我慢をすることも多少あるかもしれませんが、切磋琢磨に成長してほしいと思っています。日々の何気ないことの積み重ねが、子ども達の肥やしになるのだとしみじみ感じる次第です。
 気温が上昇してくると疲れやすくなります。規則正しい生活習慣を身に付け、元気に登園してください。
5月号

 新学期が始まり3週間がたちました。12人の新入園児もお弁当が始まり、少しずつ園生活になじんできました。
 朝、少しお母さんと離れがたい子もすぐに気分を変えてそれぞれすきな遊びを始め、周りのお友だちに話しかけ、のびのびしてきました。舞い落ちる桜や桃のはなびらや、突然の雨や雷にも大歓声。タンポポやカラスノエンドウを積んで花束にしたり、泥だんごでおだんごやさんをしたり、ボールを追いかけたりと、思い思いに走り回っています。早くも蝶や幼虫を捕まえる子もいます。先日のお散歩で行った公園では、坂道をねっころがってゴロゴロころがって遊び、ひとまわりたくましくなったようです。
 4時までの進級園児は、毎日のおやつを楽しみにしながら、午後の時間をゆったりと過ごしています。
 5月は行事も始まり、また気温も高くなり疲れの出やすい時期です。早寝早起きを心がけ、毎日元気なお顔を見せてください。
4月号

 新入園おめでとうございます。
 満開のさくらの下、待ちに待った新年度が始まりました。12名の新入園児を迎え、総勢28名の嬉しいスタートです。一日も早く園生活に慣れて楽しく遊べるように、きめ細かく援助して行くべく心を新たにしています。始めてお手元から離される御父母の皆様には、いろいろ不安がおありになるでしょう。私達職員一同は、おうちの方と密に連絡をとりながら保育を進めていく所存ですので、些細なことでも遠慮なくお話し下さい。ご一緒に子ども達の豊かな成長を見守って行きましょう。
 進級の子ども達は、新しく迎えるおともだちに、胸をときめかせながらも、時には複雑な心境になることもあるでしょう。多くを語らず、静かに子ども達の力を信じましょう。
 年間を通して、御父母の皆様にはいろいろご協力いただくことがあります。無理をなさらず、できる範囲、楽しめる範囲でお手伝いしていただけたら嬉しいです。今年も一年どうぞよろしくお願いいたします。
© Midori Yojien All Right Reserved.  e-mail  midoriyoujien@siren.ocn.ne.jp