ロゴ
みどり幼児園
〒193-0841
東京都八王子市
裏高尾町674番地
TEL:042-661-8147
midoriyoujien@siren.ocn.ne.jp http://midori.tama.net
みどりようじえん
園だより

バックナンバー2004年度

バックナンバー2005年度

バックナンバー2006年度

バックナンバー2007年度

バックナンバー2008年度

バックナンバー2009年度

バックナンバー2010年度

バックナンバー2011年度

バックナンバー2012年度

バックナンバー2013年度

バックナンバー2014年度

バックナンバー2015年度

バックナンバー2016年度

バックナンバー2017年度

2018年度
4月号
5月号
6月号
7月号
夏休号
9月号
10月号

11月号
12月号
冬休み号
1月号
2月号
3月号
卒園記念号


  入園、進級、おめでとうございます

 園庭には桜や水仙が満開を迎え、鳥や虫たちも姿を見せ、子どもたちがやってくるのを今か今かと待っているような春休みでした。  
 いよいよ今日10名の新しいお友達を迎えて新たなスタートを切りました。たくさんの熱い思いを園に託している保護者の皆様と一緒に、子供たちの豊かな感性を大切にその成長を見守っていきたいと思います。 
 春休み中には田んぼのシート替え、ちいさなおうちのリニューアル、またお掃除などのご協力をいただきありがとうございました。自分のうちのことのように苦労をいとわずていねいに作業をしていただき感謝の気持ちでいっぱいです。
 6年目となるお米作りですが、小さな田んぼが実に大きな役割を持っています。明日から早速種もみの浸水をして、お米作りが始まります。また、たくさん結実したさくらんぼや、冬を越してたくましいのらぼう菜、3年前に植樹したあんずも初めての花をつけ、園庭はにぎやかです。もちろん池のオタマジャクシも元気に大きくなっています。身近にたくさんの自然の恵みを受けられることはたいへん幸せなことです。今年度も子どもたちと驚きや発見に満ちた楽しい時間を過ごしていきたいと思います。 
 どうぞよろしくお願いいたします。 
卒園記念号

梅も盛りを過ぎ、陽射しもすっかり暖かくなりました。子どもたちは畑の周りに咲いた野の花を摘んだり、池で孵ったおたまじゃくしの様子を教えてくれたりと、いつもより少し早い春を満喫しています。
 今日、9人のばらさんが巣立ちの日を迎えました。通った年数は様々ですが、皆元気に遊び、喧嘩もし、よく考え、また仲良くなり、と濃い時間を過ごしてきました。自分を出してぶつかりあい、感情を豊かに表すこと。それはこの時期に必要な経験です。みどり幼児園で過ごしてきた日々は、これから歩む長い道のりで揺るぎのない根っことなるでしょう。そこからたくさんの養分を吸って、たくましく育ってほしいと願います。
 たけさんは年長さんのまねをして、背伸びをしてみたりちょっと挫折をしてみたりしながらお友だちとの関りを深めていた1年でした。「そんなことしたら楽しくない」「こうすれば楽しいし」などと意見を言うこともできるようになり、たのもしいです。
 ももちゃんは、いつも自由に楽しそうですが、先生の話はよく聞いて間違わずに必要なものをそろえたり、製作をする手つきもしっかりしてきて成長ぶりが作品にも表れています。皆、4月からの活躍が楽しみです。
 保護者の皆様には今年度も惜しみない有形無形のご協力をしていただきました。大きなけがや事故がなく皆元気に楽しく過ごせたことは皆様の支えがあってのことと心より感謝申し上げます。ありがとうございました。 

3月号

今年は真冬の寒さを感じる日が短く、園の周りの梅の花が早くも満開に近づいてきています。どろんこ遊びで削られてしまった山にみんなで土を盛り、雪が降った時のそり遊びに備えていますが、一度くらいできないものでしょうか。
 先日のおかいものごっごは、大いに盛り上がりました。品物作りでは、ももちゃんは「どーなつつくりたい!」「もういっこつくる!」とやる気いっぱい。たけさんは細かいパーツを組み立てる万華鏡やスタンプを丁寧に押して仕上げるノートなど根気のいるものを作りました。ばらさんは紙コップ人形や自由工作など自分で考えて工夫を凝らしたものを作りました。たくさん買えてみんなご満悦でした。
 子どもたちの成長著しく、ばらさんは相手の気持ちを考えられるようになってきたり、たけさんは自分の気持ちを言葉で言えるようになってきたり、ももちゃんは真面目一方だったのが「やだー」「やらなーい」と反抗したり、生まれてからまだたった4年5年6年ですごいなあと思います。
 今年度も残りわずか、元気に楽しく過ごせますように。
2月号

朝の園庭もすっかり冬らしく、寒くなりました。そんななか、朝の支度を終えると、池にはった氷やカエルの卵を眺める子、霜柱や氷の冷たさやきれいさを楽しむ子、寒さに負けずに薄着で遊びだす子、お部屋で遊ぼうかなと考えている様子の子、思い思いの遊びで、冬の一日をスタートしています。
 
 先日、節分に向けて段ボールで鬼作りをしました。顔を作ったり、足を作ったり、小道具を作ったり、それぞれに自分の仕事を見つけると、もくもくと作っていました。つい話しかけると、「いま、しゅうちゅーしてるから!」と言われてしまうほど、がんばっていました!そういったみんなの様子を見ていたら、せっかく作った鬼を、やっつけてしまうのが惜しいなと、個人的に思ってしまいました。
 
 豆まきマラソンに向けての練習も、日々がんばっています。それぞれが目指すゴールに向かって本番もがんばって欲しいなと思います。「かーちゃんも走るんだよね。がんばって欲しいな。」とつぶやきながら、走っている子もいました。おうちの人も怪我のないようがんばってくださいね。
 今年度も、残りわずかになりました。思いっきりたくさん遊んで欲しいなと思います。
 
1月号

あけましておめでとうございます。好天に恵まれた穏やかなお正月を迎え、ご家族で楽しいひとときを過ごされたことでしょう。初詣に行ったり、おせち料理を食べたり、お年玉をもらったり、伝統にふれる機会も多かったことと思います。園でも、たこあげやこま回し、ふくわらいなど、古くからのお正月の遊びをみんなで楽しみたいと思います。
 3学期は短いですが、たくさんイベントがあります。もちつき、コンサート、マラソン大会、そして子どもたちが大好きなお買い物ごっこ。おうちのかたの出番もたくさんありますが、ご協力よろしくお願いします。心に残る楽しい行事にしたいと思います。
 子どもたちの健やかな成長を願っています。本年もどうぞよろしくお願いします。
冬休み号

きれいにリフォームされたお部屋の床を、さらに雑巾がけして2学期を締めくくりました。
 恒例の秋の行事に加えて、リフォームのための引っ越しがあり保護者の皆様にもいつも以上にご苦労をおかけしました。分校では大変さの中にも、599ミュージアムへのおさんぽ、いつもの園庭にない蔓や、葉っぱを使っての遊び、坂サッカーなど新しい遊びができて新鮮でした。どんな場所でも遊びを考え出す力を見ることができたことは嬉しい発見でした。
 リフォームで作られたロフトは大人気で、朝から大賑わいです。それでも外遊びは大好きで園に戻ってからも寒い朝には霜集めをしてかき氷屋さんをしていました。白菜は3週間の留守の間に倍以上の大きさになっていました。大騒ぎで収穫して作ったスープはびっくりするほど甘くておいしかったです。寒さにあたると美味しくなる冬野菜のように、子どもたちもきちんと寒さにあたって元気な体作りをしてほしいです。 
 先日の懇談会では、運動会やみてみて発表会の感想や、お子さんの成長が感じられたという話などを伺えました。小さな成長でも見逃さないお母さん方の温かい思いを感じました。育ちの成果ばかりを求めず、過程を楽しみながらの子育ては楽しいと思います。励みになる沢山のご感想、ありがとうございました。
 どうぞご家族皆様元気でよいお年をお迎えください。
12月号

 いつもよりあたたかい11月でしたが、それでもだんだんと寒い日も増え、ストーブをつける日も出てきました。「寒いから、お部屋で遊ぶ!」という子もいましたが、最後にはどの子も外に出て、ごっこ遊びに、鬼ごっこ、車、大縄などでよく遊んでいました。
 今回、リフォームをすることになり、突然の説明会や引っ越しなどで多くのご協力をいただき、ありがとうございました。案内分校でも、安心して過ごせるよう同じような雰囲気作りを心がけました。子どもたちは、蔓や笹やコケ、地面の砂をつかって、色々な遊びを作り出しています。遊具がなくとも、そこにある自然の中から遊びを見つけ出し、楽しそうにしているみんなの姿に感心してしまいます。
  みてみて発表会の練習も、案内分校でもがんばっています。先生を見ながら、にこにこ笑顔で踊るお友達、少しドキドキしながら前に立っているお友達、色々な表情を見せてくれています。大人が決めたものだけでなく、時に子どもたちと相談しながら、合奏や劇を作ってきました。普段の様子が感じられるような内容になっていると思います。子どもたちが本番へ向けて過ごした日々も感じながら当日を楽しんで頂けたら嬉しいです。   
11月号

日々の落ち葉掃きありがとうございます。年間を通して、おうちの方々の協力なしでは成り立たない園です。運動会やバザーでは、みんなが力を合わせて大いに盛り上がりました。充実感や達成感は子どもにも大人にも心の栄養になったことでしょう。
先日の入園説明会では、お金のことより保育方針がいいと思って選んだという意見を聞かせていただき、より一層、質の高い保育をめざそうという気持ちになりました。また、いろいろな方が園のために考えたり動いたりしてくださっています。ありがとうございます。
子どもたちは、元気に過ごしています。運動会の表現の曲を「またやりたーい!かけてー!」としばらく毎日踊っていました。多摩動物公園の遠足では、ゴロゴロ寝ているカンガルーにみんなで『ララララッセーラ』を歌って聞かせ、一緒に踊りました!園庭の片隅では、秘密基地ごっこ?が繰り広げられています。薪や切り落とした大きな枝、流しそうめんの竹、そしてサッカーゴールを上手に組み合わせ何かができています。お部屋ではばらさんを中心にくじ屋さんが大流行。くじを引くと賞品がもらえます。
 そろそろみてみて発表会の練習が始まります。どうぞお楽しみに!
10月号

雨の多い9月でしたが、雨の日も大汗を描いて遊ぶひと月でした。今年も金木犀の香りの中で運動会の練習に励んでいます。 運動会では、ふだんの遊びの中で流行っているものを取り入れるようにしていますが、中には「こんなの初めてやった〜」という子もいます。でも、運動会だから、いつもはやらないこともちょっとやってみています。それがきっかけで自信がついて遊びの幅が広がることもありますし、逆にやってみたけどできなかった、ということもあります。どちらもとてもいい体験です。できるかどうかではなく「やってみよう」と思うことがたくさんあるのは幸せなことです。運動会を通して、そんな「やってみよう」が増えますように。
 そして、子供の成長に寄り添ってゆったりと保育ができるこの園がずっと存続できることを願い、力を尽くしていきたいと思います。
 運動会では保護者の皆様にもまたたくさんのご協力をお願いすることになります。どうぞよろしくお願いいたします。
9月号

とても暑い夏でしたが、楽しい夏を過ごされたのではないでしょうか。夏季保育や、夏みどりなどで、元気な顔を見せてくれた子どもたちから、お休み中の話を聞くこともありました。2学期に、またみんなから色々なことを聞くことを楽しみに思っています。  
 今年は、沢山のブルーベリーがなりました。口をブルーベリー色に染める子ども達を見ることも多く、ほほえましかったです。8・9月のお誕生日会では、園のブルーベリーを使って、ジャムを作りたいと思います! 他に、イタリアントマト、オクラ、ゴーヤーなど夏の野菜もなっています。一方、まだ青い柿を見つけて嬉しそうに喜ぶ子もいました。稲の穂も、今はもう頭を垂れはじめています。暑い夏の日々に、少しずつ秋の気配を感じます。そういった環境で保育ができることを嬉しく思います。  
 写真展、草引きなどで、暑いなかご協力をありがとうございました。写真展では多くの方が足を運んでくださり、ワークショップも大人気、大盛況でした。  2学期は、遠足、運動会、発表会など行事もたくさんあります。子どもも大人も楽しめる時間がいっぱいになるよう、がんばっていきたいと思います。引き続き、2学期もどうぞよろしくお願い致します。 
夏休号

あっという間に梅雨が明け、早くも夏本番のような毎日でした。あまりの暑さに、午前と午後の一日に二回プールに入るという日もありました。サッカーやおにごっこで、顔を真っ赤にさせて園庭を走り回った後の水遊びは、とても気持ちよかったことでしょう。バケツの水を頭からかぶったり、浅くても深くても泳いだり、そのあとは田んぼに水を運んだり、みんなで楽しく過ごしました。
年長さんが作った梅ジュースもみんなでおいしくいただきました。明日は夕涼み会です。いつもと少し雰囲気の違う夜のひとときを、ご家族でのんびりお楽しみください。そして年中年長さんはお泊り保育ももうすぐです。みんな元気に参加できますように。 草引き、園の周りの掃き掃除、夕涼み会や写真展の準備などなど、たくさんのご協力ありがとうございました。楽しい夏休みをお過ごしください。
7月号

雨の日は、普段出さない室内の遊び物で存分に遊び、梅雨の晴れ間の暑い日にはサッカーやドラムカン乗り、新しいおうちでのごっこ遊びなど精力的に遊んだ6月でした。
 
  今年もお隣の梅をたくさんもがせていただきました。ジュース用と梅干用に仕込み、毎日子どもたちと観察しています。観察し忘れると「うめ、みないの?」と催促が来ます。梅干しの匂いがする、もう食べられるんじゃないの?などと、梅の変化をつぶさに察しているようです。紫蘇投入でほんのり紅くなるのが待ち遠しいです。
 プールには2回ほど入りました。昨年は「はいりたくない」と言っていた子が笑顔で入り、今年「はいらない」と言っていた年少さんの子も2回目にはペットボトル遊びにひかれて思わず入ってしまいました。浮くのも難しいような浅いプールの中で約1時間。いろいろな遊びを考え出して飽きずによく遊び、感心します。
 終わると、プールの水を小さなバケツで汲んで田んぼに入れに行きます。「こっちがかわいてるから、こっち」など、どの子も大まじめです。 子どもたちなりにお米ができるのを心待ちにしているのがわかります。 小さな池でそだったヤゴがトンボに羽化するのを見たり、ダンゴムシを集めたり、燕をつかまえようと虫網を振り回したり、「かえるになったからおたまじゃくしがいなくなったんだね」と大発見したり、毎日生き物に触れて過ごすこどもたちは面白くて楽しいです。
  1学期も残すところ2週間。暑さに負けず元気に来てください
6月号

春から初夏を迎えたようで、暑い日もでてきました。池ではおたまじゃくしに手が出て足が出て…小さなカエルが生まれはじめています。そして、生まれたてのチョウやトンボに出会うこともありました。まだ小さくはかなげな命を感じながら、身近な生き物と触れ合っています。
また、田んぼに入り、泥の感触を味わったり、ホースの水かけや川遊びなど、この季節ならではの遊びもたくさんできました。昨年は、泥遊びや川遊びの時には、ドキドキしてしまうお友達もいましたが、今年は迷わず田んぼや川に入っていき楽しそうに遊ぶ姿が見られました。身体だけではなく心も大きくなっているのだなあと感心しました。
この頃では、お友達の名前も覚えてきたようで、名前を呼び合って遊んでいます。また、お友達同士でブランコを押し合ったり、年上のお友達が小さなお友達のブランコを押してくれることも多くなりました。遠足やお散歩では、年上のお友達が小さいお友達を優しくお世話しながら歩いてくれます。優しく頼もしいみんなです。小さいお友達も、そういった優しさを受け、素敵なお兄さんお姉さんになってくれるだろうと思います。
 先日は、上映会、田植え、個人面談などで貴重なお時間をありがとうございました。お話してくださったことを日々の保育に活かしていきます。今後ともよろしくお願いします。
暑い日が増えてくると思いますが、水分補給、体調管理に気をつけながら楽しく過ごしていきたいと思います。
5月号

山々の緑が目にまぶしいようです。のらぼう菜を収穫したり、花摘みをしたり、テントウムシやダンゴ虫を捕ったり、子どもたちも園庭の春を満喫しています。
新年度が始まって3週間。新入園の子たちも日を追うごとに園の生活に慣れてきました。見ているだけの子が多かった朝の体操は、楽しそうに体を動かす子が増えてきました。お弁当の時間になると真っ先に手を洗って席に着くのは新入園の子たち。お話もたくさんしてくれるようになってきました。
進級した子たちはとても落ち着いていて、ももちゃんにシールを貼る場所を教えてあげたり、車やトロッコに乗せてあげたり、みんな優しいお兄さんお姉さんをしています。
暖かくなってくると泥んこ遊びや水遊びも盛んになることでしょう。楽しい体験がたくさんできますように。
4月号

入園、進級、おめでとうございます

  柔らかい春の陽ざしの中で新年度が始まりました。今年も新しく10人の子どもたちを迎えることができ、嬉しく思います。
 新しい子どもたちは、初めての集団生活にドキドキしていることと思いますが、迎える進級の子どもたちも、1つ上の学年になれる誇らしさとともに緊張でいっぱいのことと思います。皆が早く園生活に慣れ、自分らしさを発揮して、思ったことが安心して言える場になるよう職員一同心を新たにしています。
  休みの間に新しい小さなおうちが園庭にできました。大勢の保護者の皆様にご協力いただき木材を切るところからすべて手作りで行いました。デッキのペンキ塗りや、遊具の補修、雨どいの修理、山イモの植え付けなどもたくさんしていただきました。ありがとうございました。どんなことでも気持ちよくお手伝いしてくださる保護者のバックアップはこの園の宝です。どんなことでもよく話し合って、子どもたちの育ちを一緒に見守り、より良い園にしていくよう頑張っていく所存です。
 今年も楽しく、さわやかな風が吹きますように。どうぞよろしくお願いいたします。  
© Midori Yojien All Right Reserved.  e-mail  midoriyoujien@siren.ocn.ne.jp