ロゴ
みどり幼児園
〒193-0841
東京都八王子市
裏高尾町674番地
TEL:042-661-8147
midoriyoujien@siren.ocn.ne.jp http://midori.tama.net
みどりようじえん
園庭
日々のあれこれ
8月9日  親子で遊ぼう  夏みどり  
台風が夜のうちに過ぎ、第3回夏みどりを開催しました。
絵具で遊んだり、父母会から借りたゲームに熱中しました。曇空でプールはできませんでしたが、ベビーバスの水遊びで十分プール気分になったようです。
畑の池で、ホテイアオイの花や、メダカを眺めて楽しみました。
参加人数は少なかったですが、のんびり楽しい1日になりました。
16日(木)第4回目をやります。たくさん遊びに来てください。
  




盛夏の園庭では、トマト、おくら、モロヘイヤ、ゴーヤが次々に花を咲かせ、実をつけています。ブルーベリーはとりきれにくらいの大豊作。そして可憐なお米の花もたくさん咲いています。今日は夏みどりのあとに、お米の花を見に来た園児たちがいました。収穫したものを大事そうにおみやげにしていました。冷凍できるものは園で冷凍しています。9月にたくさん食べようね。





8月2日 親子で遊ぼう  夏みどり
 猛暑の中、4組の親子の参加でした。午前中はプール。水分補給に気を付け、休憩しながらでしたが、どの子も歓声を上げて、はしゃいでいました。畑でブルーべりを採り、お弁当のデザートにしました。暑さのせいか、甘くて、次々に手が出ていました。
 午後は涼しい室内で、大型ブロック、ままごと、お花作りなどで遊びました。
 「暑くて家の中に親子だけでずっといるのも、キツイ」「小さい子が水遊び出来るところが少ないので、助かる」 など、お母さん方の声です。





写真展 「ともそだち」 はじまります
いよいよ明日から、写真展「ともそだち」が開催されます。おともだちと体も心も寄せ合って過ごす日々を切り取った写真群です。競走したり、頑張ったり、威張ったり、励ましあったり、喧嘩をしたりする中での多くの気づきが、そこにはあります。どうぞご覧ください。

日時  7月28日(土)〜7月30日(月)10時〜20時
会場  イーアス高尾(JR高尾駅より徒歩6分)2Fそよかぜ広場(NAS前)
     
*親子で楽しめるワークショップ随時開催

 

「親子であそぼう 夏みどり」 中止のお知らせ
 NPO[未来」主催による 7月26日開催予定の「親子であそぼう、夏みどり」は連日の猛暑を受け、参加者の安全を考慮した結果、中止させていただくことになりました。楽しみにしてくださっている皆様にはご迷惑をおかけして、申し訳ございません。
 なお、8月2日に関しては、気象状況を見ながら検討したいと思っています。体にこたえる暑さの中、皆様くれぐれもお気をつけて下さい。

7月17日〜18日  お泊り保育
電車に乗って、藤野のキャンプ場にお泊り保育に行ってきました。暑さ真っただ中でのお泊りでしたが二日目の朝ごはんもおかわりするほど、全員元気に楽しく過ごせました。
 25mの大きなプールでたくさん泳ぎ、大きな深い川を歩いたり、お部屋で暗くなるまで遊んだり、みんなで一緒のお風呂やご飯、お布団を敷いてゴロゴロ寝たり、誰それの隣で寝たいと喧嘩になったり、仲良くなったり、盛りだくさんの一泊二日でした。はじめておうちの人と離れてのお泊りの子もいましたが、夜もみんなスムーズに眠れていました。おねしょなしで自信をつけた子もいました。
 おうちでは、一人で頭を洗えないのではないか、眠れないのではないか、など心配があっても、意外にみんなしっかりできていました。きっと頑張ったぶんだけ大きな成長につながることでしょう。










7月14日  夕涼み会
毎年恒例の夕涼み会でした。おうちの方もたくさんおいでくださいました。猛暑の夕方でしたがみんな元気に盆踊りやゲームを楽しんでいました。子どもたちのハンデベル演奏や合奏、お母さんたちのゲームコーナー、スイカのおやつ、先生たちの影絵、お父さんたちの花火まですべて手作りの心のこもった演出でした。子どもたちの心に夜の幼稚園の情景が刻まれたことと思います。ご協力いただいた皆様ありがとうございました。近隣の皆様のご理解にも深く感謝いたします。






7月13日
じゃがいもを掘りました。いろいろな形のものがたくさん出てきました。


丸ごとゆでてバターを乗せて、お帰りの前にいただきました。

7月11日
梅干しを干します。年長さんがつぶれないように上手においていました。

7月10日
垂らし絵で作っているのは、夕涼み会用の灯ろうの絵です。

7月3日
みんなで作るお誕生日会です。今日のメニューは、プランターで育てたレタスを美味しく食べられるように考えた「つくねのレタス巻き」と「冷やしうどん」です。
子どもたちがつくねを作りました。


午後はまたまたプールです。コースに分けて(目分量)泳ぐ練習もしました。

6月2日
今年もご近所の方に笹をいただいて、七夕飾りを飾ることができました。
たくさん作りすぎて笹が重そうです。みんなの願いが届きますように。

写真展 「ともそだち」  ご案内
今年も写真展の開催が決まりました。お近くの方はぜひお立ち寄りください。いい写真がいっぱいです。

ともそだち・・・作物の種をある程度密集させて直まきすると苗同士が触れることで互いに刺激し合い一本で育つよりたくましく育つことをさした言葉

日時  7月28日(土)〜7月30日(月)10時〜20時
会場  イーアス高尾(JR高尾駅より徒歩6分)2Fそよかぜ広場(NAS前)
     
*親子で楽しめるワークショップ随時開催

6月29日  遠足
市内にあるプラネタリウムに遠足です。路線バスに乗って行きました。八王子ほぼ中心部の街の中を降りて、歩きました。慣れない街歩きです。

暗くなってちょっと不安な様子の年少さん。年長さんが「暗くなるけどすぐねこちゃんが出てくるよ」と励ます場面も。終わるころに進行役の方が「みんな!たのしかったかな?」の問いかけに先生に抱っこされていた年少さんが「たのしかった。」とつぶやいていました。

ハチオウジゾウをはじめ、管内の施設を一回りして遊ばせてもらいました。


流星号(25年前の地下鉄)の中で、お弁当です。
梅雨明けのカンカン照りの中でしたが、近くの公園でも遊んでまた30分ほど休憩を入れながら歩いてバス停まで行きました。みんなよく頑張りました。

6月28日
暑い日が続いています。今日もプールに入りました。顔に水がかかるから入りたくない子たちも今年はみんなの歓声につられて、どんどん入っています。

プールの後は、水を田んぼに運びます。「こっちが乾いてるよ」みんなまじめです。

6月26日
園でつけた梅干しに紫蘇を入れました。赤くなるかな?


6月22日
梅雨の晴れ間には虫取りやサッカーが盛んです。グッとパーでチーム分けするのに時間がかかります。その時間も大事な遊びです。


6月15日
一日中雨で、室内遊びをたっぷり楽しみました。音楽遊びやおみせごっこ、海の生き物を描いてつりごっこ、かくれんぼにハンカチ落とし、新聞ボールでボウリング。

6月14日
園の木を選定した枝をもらって大喜びで走る子どもたち。枝を持つと走りたくなるようです。


あそぼうくらぶ  公開保育のご案内
6月14日(木)あそぼうくらぶ開催します。未就園の親子さん遊びに来てください。

6月23日(土)公開保育   園の普段の保育をごらんください。
       9時半〜13時 最後までいらっしゃる方はお弁当をお持ちください。
       駐車場利用の際は事前に駐車場のお申し込みをしてください。        電話  042−−661−8147


6月12日
年長さんは、絵具でポッキーをかきました。3原色と白で茶色を作るのが難しく、うまくいかなくてパレットや水入れを洗って何度もやり直している子もいました。描いた後は、お楽しみの味見。一本のポッキーを10分かけて大事に食べていました。

今日のおやつは、豆腐白玉団子のきな粉掛けのとおせんべい。蒸し暑い中、4時まで遊んだ子どもたちのペコペコのおなかにすっぽり入って全員完食でした。お皿は洗ったようにきれいです。


6月8日
「親子オリエンテーリング」を陵南公園でおこないました。地図を見ながら10か所のポイントを探し、問題を解きながら進みます。

園にまつわるいろいろな問題。

こんなところにも!

親子で似顔絵を描くという問題。

チーム全員そろってゴール!
正解の数とタイムで優勝チームが決まり、金メダルが授与されました。カエルの歌の替え歌や、似顔絵披露もあり、にぎやかに表彰式。そのあとは芝生の木陰でおべんとうを食べました。
皆さんお疲れさまでした。

♪カエルのうた かえうた
 
田んぼの苗が お米になるよ
ごりごりごりごり
脱穀しないと食べられない

ハイジブランコ みんなまわすよ
ぶんぶんぶんぶん
ぐるぐるぐるぐる目が回る

木登り大好き ぶらんこ大好き
ヨイショヨイショ どっこいしょどっこいしょ
やまむろせんせい 押して

たんぼのなかで こどもがどろだらけ
ずぶずぶずぶずぶ  
どろどろどろどろぐっちゃぐちゃ

ぶらんこ 一輪車 大型ブロック 
か・け・っ・こ
みどりはいっぱいあそべるよ

やよいとさとこ えりことまりこ
まき はだ はだ まき
やまむろブランコ押して

6月7日 
園庭開放の「あそぼうくらぶ」と、プレ保育「うりぼうくらぶ」がありました。
うりぼうくらぶでは、カエルのマラカスをお母さんと作り、みんなの前で披露して、裏の合わせて鳴らして遊びました。みんな上手でびっくり。
 

あそぼうくらぶの、絵本とお話の会。大きなパネルを使って楽しいお話でした。


6月4日
お隣の梅畑の梅をもがせていただきました。一生懸命手を伸ばして一つ大切に採りました。年長さんがさっそくおいしいジュースに仕込みました。こんな体験ができるのは地域の方のご厚意のおかげです。

夏の暑さの中で、年少さんたちがリレーに目覚めています。

午後はホースで水あびです。

5月30日
昨日の記事になりました。
5月30日東京新聞です。

5月29日
今日はいよいよ田植えの日。朝からお母さん方も集まってくださいました。福島県天栄村の皆様もかけつけてくださいました。
昨日まで、大きな土の塊がごろごろしていた田んぼでしたが子どもたちが頑張って両手両足を駆使して砕いてつぶして、とろりとした田んぼになりました。お母さんたちがたんぼ周りの草引きをしてくださって、今朝はすっきりした中での田植えとなりました。

お母さんたちも、裸足で挑戦。

美味しいお米ができますように。

5月22日
今日も暑い一日でした。近所の方にいただいて、プランターで育てていたサニーレタスがもりもりと美味しそうだったので、塩ゆでした鶏肉を挟んで食べてみました。レタスの苦みも感じながら、みんな美味しそうに食べていました。



5月21日
田んぼに水入れをするために天地返しをしています。余った土を低くなった築山にみんなで運んでいます。天地返しの時は、小さい田んぼが大きく見えます。

5月18日
園の向かいの山すそを流れる川にお散歩に行きました。澄んだ冷たい清流に足を入れると暑さも吹き飛びます。川辺に育っているよもぎを摘んだり、お羽黒トンボを追いかけたり、沢カニを見つけたり、鴨を見たりしました。はじめての年少さんも怖がることなくどんどん川に入っていて「たのしかった〜」とご満悦のようすでした。



5月17日  あそぼうくらぶ   うりぼうくらぶ
園庭開放の「あそぼうくらぶ」第2回がありました。地域の10組ほどの親子さんが来園され、思い思いにお外ででたくさん遊んでいました。プレ保育の「うりぼうくらぶ」、初回の今日は音楽遊びでした。フープや楽器を使い体を動かして遊びました。
あそぼうくらぶ次回は5月31日です。
うりぶくらぶは次回は6月7日です。

5月16日
今日も真夏のような暑さでした。オタマジャクシに煮干しをあげたり、たんぼの代かきをしたり、植えた苗に水をあげたり、苗のネームプレートを作ったり、草引きをしたり、桑の実をとって食べたり、プランターのレタスをちぎって食べたり、ハイジブランコや木登り、そして恒例の水まきをしました。みんなびしょびしょ、初めは濡れるのが嫌だと言っていた子も、ホースを持ちたくて並んでいるうちにびしょびしょになって「きもちいいい〜」と嬉しそう。好き嫌いはあっても、とりあえずなんでもやってみようと思えると生きやすいです。


5月15日
今年度初めてのお誕生日会おがおこなわれました。みどり幼児園のお誕生日会は子どもたちがご飯を作ってお祝いします。今日のメニューは、たけのこご飯とお味噌汁、よもぎ団子です。年少さんははさみで小ねぎを切り、煮干しの頭を取りました。年中さんは人参と絹さやを切りました。年長さんはタケノコ、豆腐、を切り全員でよもぎ団子を丸めました。お手伝いのお母さんがご飯を炊いたり、おみそ汁を作ってくださいました。
とてもおいしくて、みなおかわりをたくさんしていました。はじめての年少さんもよく食べていました。



5月14日
園の畑はのらぼう菜が終わって、初夏に向かって衣替えです。今日はイタリアントマトとオクラ、モロヘイヤの苗を定植しました。オクラ好き!トマト好き!と言いながらていねいに植えました。元気に育ってたくさん食べられますように!



5月12日  陵東公園に遠足
風薫る5月の見本のような今日のお天気は最高の遠足日和でした。
よく歩き、野原や小高い丘や池や公園の滑り台で、のびのび遊んできました。


あそぼうくらぶ  始まります!
5月10日(木)より未就園児の親子さん対象の園庭開放「あそぼうくらぶ」が始まります。園庭にはおたまじゃくしやヤゴのいる小さな池や、泥遊びを満喫できる田んぼや、お花摘み、木登り、ツリ


みどり幼児園の保育方針
子どもの「遊び」を大切にする
子どもの心に共感する
子どもの育つ力を信じて見守る
自然に囲まれた環境
蝶やトンボ、バッタが育つ野原、子どもたちが野菜を育てる畑等があります。
虫とり、木登り、お花摘み、泥あそび等、自然を仲間に思いきり遊びます。
遊びこむ力
あふれんばかりの好奇心を持ち、五感をフルに使って遊びこむ。楽しいことは心を解放します。
そんな中で真の探究心、協調性、創造力が育つと考えます。
子どもの持っている時間の流れを大切にできる環境を用意します。
少人数制
ひとりひとりの育ちの違いは様々です。でもどの子も必ず育つ、その力を信じています。
あたたかい家庭的な雰囲気の中で、ゆったりと《見守り・待つ》保育を
モットーにしています。
© Midori Yojien All Right Reserved.  e-mail  midoriyoujien@siren.ocn.ne.jp