ロゴ
みどり幼児園
〒193-0841
東京都八王子市
裏高尾町674番地
TEL:042-661-8147
midoriyoujien@siren.ocn.ne.jp http://midori.tama.net
みどりようじえん
園庭
日々のあれこれ
2月21日
雪のため延期になっていたマラソン大会が今日ありました。
およそ1キロのアップダウンの激しいコースをみんなよく頑張って走り切りました。
お母様方も応援だけではなく実際に走ります。子どもたちも頑張りましたが大人たちも本当によく頑張りました。



賞状が渡されました。


お母さんのドッジボールは迫力ありました。本気で楽しんでるお母さんたちを見て「ぼくもやりたい!」という子がいました。


2月20日
お母さまたちがお味噌を作ってくださいました。朝から大豆を煮るいい匂い。昨日水に浸した大豆が朝にはふっくら膨らんでいて子どもたちはびっくり。今年も美味しいお味噌ができますように。


明日のマラソン大会に向けて最後の練習。休まず走り切ることができる子が増えました。みんな頑張っています。
午前中はお外で凧あげやサッカー、午後はお部屋で空き箱生活。面白いものがたくさんできました。

牛です。

うさやまハウス。

年長さんが毎年作るお雛様。二日目です。

2月19日
今日は助産師のお母さまから「命の話」をしてもらいました。プライベートゾーンのこと、命の誕生、その喜びについて絵本を見ながらお話しくださいました。おなかの中の赤ちゃんの成長を追って作られたお人形を手に取って、みんな真剣によく聞いていました。

2月16日おかいものごっこ
毎年大人気のお買い物ごっこ当日です。各学年で4種類ほど品物を作りました。
お客さんになったりお店の人になったり後退しながら午前中いっぱいお買い物をしました。


ドーナツやさん。トングで一つずつ紙に挟んで包んで渡します。行列ができるお店でした。

ひつじやさん。畑でとれた綿で作りました。ふわふわです。

入れ物やさん

しんぶんけん玉やさん

チョコの飾りやさん

毎年不動の大人気、スライムやさん。年長さんが作りました。

フライドポテトやさん

お弁当を食べたあとに買ったもので遊んでいました。

2月15日
明日はいよいよお買い物ごっこ。今日年長さんは空き箱などの廃材で自由工作をしておもちゃ屋さんの準備をしました。「あ、じゃあこうしたらいいんじゃない?」「ああ〜そうだね!」。この前見たカホンをまねしているのか、太鼓に鈴をつけることを思いついて思考錯誤中です。

2月9日
ドラムカンころがしに挑戦中。

2月8日
今年の秋に畑でとれた綿を使っての工作です。まずは実を取り出して種を取ります。

そして台紙に張ってかわいいものを作ります。お買い物ごっこまでは秘密です。

2月6日
年長さんは水彩絵の具でイチゴを描きました。

2月6日
まだまだこんな氷が張る毎日です。

2月3日 みどりの風コンサート
27回目のみどりの風コンサートは、マリンバとジャンベによる打楽器の演奏会でした。「道化師のギャロップ」の早業、二人で向き合ったり位置を替えたりして弾く「くまんばちの飛行」にこどもたちはびっくり。ビバルディの「冬」はまったりと心地よく、豆まきの日にちなんだ豆まきメドレー、みんなで歌ったり、リズムで遊びの体験したり、見ても楽しく動いて楽しく、マリンバの深い音色に心も体も温まったひとときでした。
演奏者のお二人、会場においでくださった皆様、コンサート成功のためにご尽力いただいた皆様に心より御礼申し上げます。








みどりの風コンサートのご案内
いよいよ明日です。高尾駅周辺の道路の雪もほぼ溶けました。皆さまぜひお越しください。

場所:浅川市民センター
日時:2月3日(土)14時開演  13時半開場

今年は、ジャンベとマリンバによる打楽器コンサートです。
 参加費  500円(中学生以下無料)
 小さいお子様もぜひ一緒にお楽しみください

1月26日
毎日雪遊び三昧です。園の屋根の雪が落ちて危ないのでひもで立ち入り禁止の区域もあります。つららは怖いけど、取るのが楽しみです
大人にはつらいこともある雪ですが、子どもたちにはめったにできない体験です。
自分たちで考えて、思う存分雪を楽しんでほしいと思い、普段は使えない大きなスコップや重い工具も使わせ、大幅な予定変更で遊んでいます。

そり一人すべり

2人すべり

3人すべり

かまくらは2件建てになりました。今日も中でお弁当を食べていました。

よく遊びよく働くこどもたち。裏の本当の雪かきをした雪をゲレンデに運びます。

凍って動かない正門を氷かき。

ハンマーも使います。

園庭の北側にあるオタマジャクシ池は分厚い氷におおわれています。何人まで乗れるかチャレンジ。大人も一人で乗らせられました。
午後には割れて池落ち多数。

先週はインフルエンザ休園で流れてしまった給食(おひるごはん)。久しぶりの今日はカレースープにパンとイチゴ。スープの甘さとほんのりし味に「うちのよりおいしい!」という声もあがっていました。ニンジン、さつまいも、じゃがいものスティックもトッピングされ見た目も楽しいカレーでした。雪遊びでドカンとすいたおなかにたっぷり入ったことでしょう。ごちそうさまでした。

みどりの風コンサートのご案内
親子で楽しむ みどりの風コンサート 第26回 が開催されます。
場所:浅川市民センター
日時:2月3日(土)14時開演  13時半開場

今年は、ジャンベとマリンバによる打楽器コンサートです。
 参加費  500円(中学生以下無料)
 小さいいお子さんから聴けます。どうぞお楽しみください。    

1月24日
今日は雪遊び三昧でした。 そりは年少さんは恐る恐るでしたが、そのうちすっかり慣れて、小さなジャンプ台も超えて飛距離を伸ばしていました。

対先生で雪合戦。大汗をかきました。

かまくらは年長さんが中心に大きなスコップを振り回して作りました。中でお弁当たべていい?というのでシートを敷いてあげたら、6人も入って食べていました。寒かったそうです。


1月22日
朝からテレビで八王子が中継され今か今かと雪を待つのは子どもたち。
午前中は粉雪がチラチラでしたが、あちこちから雪をかき集めて雪合戦。
お弁当を食べているうちに、あっという間に積もって、午後はそりあそびやら、雪だるまやら、好きなだけ遊べました。送迎が心配で早めに帰った子もいましたが、みんなとっても嬉しそうでした。ちょっとだけでも雪遊びできて良かったです。


1月18日
お正月遊びです。
凧も福笑いも全部手作りです。



冬みどりのお知らせ
1月27日に予定されていた、「冬みどり」はインフルエンザの流行のため中止にさせていただきます。
予定していただいた皆様には大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません。3月には春みどりを計画しています。またよろしくお願い致します。

1月16日
園ではいろいろな氷ができています。お帰り前に仕込んでいるものも、しぜんにできているものもあります。寒い季節の楽しみです。





アイスキャンドルにも挑戦しましたが、あまりに厚い氷でろうそくが入る隙間がなく難しかったです。

1月13日
「おもしろホルンミニコンサート」と銘打って、子どもたちにホルンの魅力を感じてもらう催しを開きました。ホルン奏者齋藤嵩之さんとピアニスト紫芝のばらさんの息の合った演奏と、わかりやすいトークで、なじみのある曲を中心に1時間たっぷり楽しみました。途中でホースでの演奏、ミニサイズのホルン、ほら貝なども登場し、楽器に親しむいい経験になりました。ぬぬ




1月10日
3学期が始まりました。昨日は子どもも大人もみなで大掃除をしたので、すっきりときれいになったお部屋で新学期を迎えることができました。ありがとうございました。
体操の前の朝のご挨拶は「あけましておめでとうございます!」真冬の青空の下でいい声が響きました。
田んぼにできた水たまりは真っ白な氷になり、霜柱もたくさんでしたが、元気いっぱい外遊びをしていました。



12月20日
この日はお楽しみ会でした。ハンドベルや、トーンチャイム、スズなどの大好きな楽器で合奏や歌、カード探しなどのゲーム、先生たちのトーンチャイム演奏などを聴き、1学期を無事終えました。
 運動会、稲刈り、みてみて発表会、3回の遠足、収穫祭、焼き芋大会、バザーなどなど、たくさんの行事を保護者の皆さんとも力を合わせて楽しくおこなうことができた有意義な2学期でした。
 行事を通して、やってみよう、という気持ちが少しでも育ち、新しいことにチャレンジしたこともあったのではないでしょうか。小さな自信が大きな成長の一歩となれたら幸いです。
 子どもも大人も、皆様元気でよい年末、年始をお過ごしください。




12月19日
朝はマイナスの寒さ。寒いけれど、前の日に仕込んだ氷ができてうれしい朝です。

お外のおもちゃも洗って、冬休みの準備です。

おさんぽにも行きました。


12月14日
今日のあそぼうくらぶ(未就園児園庭開放)には、「アラジンクラブ・マジック」という手品のユニットが来てくださいました。園児をはじめ小さい子どもたちにもわかる面白い手品を次々に披露してくださり、とても楽しいひと時でした。

鳩も出てきてびっくりしました。

12月12日
今週末の収穫祭に向かい、お米のもみすりが佳境に入りました。野球ボールとすり鉢で優しくごりごり。

ドライヤーでモミガラを吹き飛ばします。


今日はお誕生日会。みんなで作るごちそうはロールキャベツです。年少さんは慎重にしいたけを切りました。年中さんは型抜きで人参を抜きました。

年長さんは、手際よくピーマンのみじん切り。

おいしいロールキャベツができました。完食でした。お手伝いいただいたお母さんも一緒に味わっていただき、赤ちゃんの時のエピソードなどをきかせていただきました。ありがとうございました。

12月8日
日々寒さが厳しくなりますが、子どもたちは元気に外で遊んでいます。ドラム缶を洗濯機に見立てておうちごっこ。干しています。

氷も張りました。


奇麗に咲いた椿の花びらを集めています。

綿の花がたくさん。

長らく干していたヘチマがとうとうできました。

壁面飾りはクリスマスバージョン。


12月2日 みてみて発表会
ことしの発表会は「もりのなかまのおんがくかい」。絵本「14ひきのあきまつり」をヒントにシナリオを作りました。子どもたちが得意のもの、だいすきな遊びや歌、やってみたいことを盛り込んでいます。特に年長さんの意見は大幅に取り入れています。おうちの方もたくさん見に来てくださいました。
みてみて、という気持ちが伝わったでしょうか?






11月24日
子どもたちだけでサッカーの試合ができるようになってきました。年中さんも必死についていきます。

おひるごはん(給食)は主食のご飯類と、おつゆだけの「おつゆデー」でした。メニューはさつまいもごはんと、キノコの澄まし汁。白菜の漬物、だしを取った鰹節の煮物がおまけでした。
(お米は先週に引き続き天栄米です。)シンプルで種類が少ない。けれど遊びまわった空腹には勝てず、苦手なものでもより分けて何とか口に運び、そのうち苦手も何も一緒になって食べていました。少なめでいいのです。少なめがいいのです。

11月22日
すっかり秋が深まって、そろそろ冬の便りが聞こえてきます。朝は霜が降りるほど寒くても、昼間の陽ざしの中ではサッカー、かくれんぼ、木登り、落ちている木切れや縄を使って遊びを考えたりと楽しそうです。



綿の実がやっとたくさん開いてきました。毎日収穫です。

11月17日
今日のおひるごはん(給食)は、天栄米の新米、鰹出汁のお味噌汁、大根の煮物鶏そぼろあんかけ、リンゴでした。このお米は全国から集まっている福島県天栄村のサポーターで田んぼをお借りして作ったお米です。みどり幼児園の園長も田植え、草引き、稲刈りに参加しました。完全無農薬、手植え、天日干し。(もちろん放射能検査済み)そのことを話したら、子どもたちがとても真剣に「せんせいありがとう」と言っていました。お米を作ると尊敬される空気ができています。二升炊きのおかまをしゃもじでこさいでなめるように食べていました。

11月13日
先週拾った葉っぱや木の実を、サンボールの板に思い思いに貼りました。秋の素敵な壁面飾りになりそうです。


11月10日
近くの山に、お散歩に行きました。今日は紅葉した葉っぱと木の実を拾うのが目的です。それぞれバケツにたくさん拾ってきました。大人が思う赤や黄色のきれいな色でなくても、茶色でも、破れていても、パリパリでも、自分で見つけた「きれいなはっぱ」に子どもたちは大満足でした。

11月9日
朝の陽射しのまぶしいデッキでお母さんが手作業で脱穀の仕上げををしてくださっています。あともう少しです。園庭開放の「あそぼうくらぶ」では、たくさんの未就園親子さんが思い思いに遊び、園児と一緒に体操や歌、絵本とお話を楽しみました。青空バザーも大盛況でした。
来週もあそぼうくらぶあります。地域の皆様どうぞ遊びに来てください。

11月7日 焼き芋大会
地域の福祉施設「清明園」「浅川ホーム」よりおじいちゃんおばあちゃんをお招きして、焼き芋大会を行いました。子どもたちの歌を聴いてくださったり、一緒にわらべうた遊びをしてくださったりと、短い間でしたが楽しいひと時でした。朝から焼いたお芋も甘くておいしく大好評でした。ご来援いただいた皆様ありがとうございました。




11月2日
年長ばらさんだけで景信山へ登山遠足に行きました。景信山は八王子市と相模原市の境界にあり、標高727.1mの山です。園から路線バスに乗り小仏下車。登山道入り口まで30分ほど歩き、そこから子どもたちの足で2時間20分ほど、急な登りが続く山道を登りました。

途中の休憩で、予期せぬうれしい出来事が起こりました。先生のリュックから突然グミが出てきたのです。こどもたちは大喜び。元気になってまた歩きます。


頂上に着きました。お天気に恵まれ遠く都心のビルまでよく見えました。

頂上でお弁当を食べて、少し遊び、違う道を降ります。第2のサプライズでおまんじゅうを食べ、バスの時間にぎりぎり間に合って予定通りの天狗バスに乗れました。
さすが年長さん、自分の荷物をもって自分の足で最後まで歩きとおしました。きっと大きな自信になったことでしょう。がんばったね!



10月31日
今日はお誕生日会。
メニューは「お赤飯」「かじきまぐろの照り焼き」「秋のお味噌汁」「かぼちゃ」です。カボチャは天栄村からの贈り物「ひろこかぼちゃ」。さっとゆがいて蒸してお塩を振っていただきました。「あま〜い」といって7個も食べた子がいました。
そしてお赤飯の中に入っている小豆は、今年みどりの畑で初めてとれた小豆です。
小豆の量が少ないので大事に大事に食べました。ほっと落ち着くおひるご飯でした。

年少さんはこんにゃくちぎり。

年中さんは人参とお豆腐を切りました。

年長さんは煮干しの頭をとって、カジキマグロを焼いて、お味噌をときました。みんなで作って、おいしいお誕生日会でした。

10月27日 昭和記念公園遠足
少し前になりますが、電車に乗って立川にある昭和記念公園に遠足に行きました。
ふわふわドームや、ハンモックなどダイナミックな遊具で思い切り遊び、広い敷地をたくさん歩きました。帰りの電車でも眠ってしまう子もなくみんな元気で、体力がついたなあと思いました。


10月29日 バザー終了ありがとうございました
バザーは、大雨の中、たくさんの方においでいただき、盛況のうちに終了いたしました。おいでいただきました皆様、保護者の皆様、ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。


10月17日
雨の日が続いていますが、お部屋の中でも楽しそうです。大型ブロックやぬり絵など雨の日だけできる遊びも楽しみの一つ。ダンボールで昨日から作っている、ぬいぐるみのおうちも完成して、滑り台まで付きました。


けんかではありません。おすもうです。

昨日は、園に咲いているコスモスを花瓶にさして、よく見ながら絵具で描きました。
色は4色の絵具で自分で作ります。個性あふれるタッチのコスモスになりました



おやつは「秋のサクサク焼き」。さつまいもやリンゴを使って秋の香りがいっぱいでした。午後は調理室のそばでいいにおいがしてこどもたちはお芋だ、焼き芋だ、とわくわくしていました。

10月12日
昨日からお米の脱穀が始まりました。2週間天日干ししたお米を、お借りした足踏み脱穀きにかけます。びっくりするぐらい勢いよくお米が飛び出してどんどんたまっていきます。


今めで通り牛乳パックも使います。去年まで経験した子は「牛乳パックちょうだい」と言って、さっさと始めていました。

キャベツの定植もしました。年長さんは慣れた手つきで上手に植え付けていました。

10月11日
綿の実が開きました。純白のふわふわです。一生懸命さやから出しているのは小豆です。はじめて植えてみましたが少し収穫できました。

10月8日 運動会
雨のため一日順延になりましたが、8日秋晴れの下運動会が開催されました。
みどり幼児園の運動会は子どもたちの日ごろの遊びを反映してオリジナルのプログラムを作っています。ストーリーや踊り、音楽、小物なども、オリジナルです。
まずは元気に走って入場。







園児競技「おたまじゃくし物語」は、今年園庭の隅にできた小さな池でたくさんかえったオタマジャクシの成長を毎日楽しく見て、捕まえたり、エサをあげたりしたことを障害物競走に仕立てたものです。卵ででんぐり返り、足が生えてケンパ、、、など進み、最後はみどりのTシャツを着てカエルジャンプします。


最後に手作りの金メダルを一人ひとり首にかけてもらってうれしい子どもたち。
みんなが頑張ったしるしです。
 ご来賓の皆様、近隣の皆様、そしてたくさんお手伝いいただいた保護者の皆様ありがとうございました。おかげさまで今年も無事に楽しく運動会を終える頃ができました。心より御礼申し上げます。

9月28日
新聞紙で服をつくるのがブームです。はじめは先生が作っていましたが。だんだん自分たちでアレンジして作れるようになりました。足軽のような姿が園を闊歩しています。小物も作って大満足です。破れたらすぐ補修またはリメイクです。

9月21日
すっきりとした青空と秋の風の中で稲刈りが行われました。
春先に種もみを水につけて発芽させるところから取り組んだ米作りの最終コーナーです。今年は土づくりに力を入れた成果で米が充分に熟し、きれいな黄金色です。年少さんは小さな手で何度も力を入れて刈り取りました。2年目3年目の子は稲束の握り方も堂にいっていました。お父さんお母さんも見に来てくださり、一緒に稲刈りを楽しんでいました。




9月15日
園から小仏行きバスに乗って山に向かって4つ目。毎年恒例の日影沢キャンプ場へ遠足に行ってきました。川の水は冷たかったけれど、ざぶざぶ入って川のぼり。お昼は大きな鉄板で焼きそばを焼き、川で冷やしたきゅうりに園特製の手作り味噌をつけて、もりもりたくさん食べました。

9月14日
未就園の親子さんと一緒に過ごす「あそぼうくらぶ」。今日はスタッフのお母さんトリオによるお話と絵本の読み聞かせがありました。楽しいお話でした。

9月14日
敬老の日に、ちなみ、おじいちゃんおばあちゃんのはがきを出しに行きました。年長さんは手作りの押し花で、年中さんは丸折り紙でウサギと月、年少さんは紙を切ってブドウを作りました。小さな手でポストに投函した後は、涼しい山道を通って帰りました。

9月13日
今年のみどり幼児園の田んぼはただごとではありません。もうすっかり色づいて今月中には稲刈りができそうです。しっかり色づくということは、お米がしっかり稔り切ったということです。そして茎が枯れて硬くなるから倒れにくくなるということです。収穫が楽しみです。


9月8日
2学期が始まってすぐに摘んで押しておいた花の上にノリのついた薄い和紙をかけてアイロンをかけました。素敵なはがきになりました。敬老の日にちなんで年長さんがおじいちゃんおばあちゃんに送ります。

9月5日
今、園の畑や庭で収穫期を迎えている作物は、モロヘイヤ、中玉トマト、ナス、おくら、ゴーヤ、ブルーベリー、小豆、です。今年は4年ほど前に植樹した柿が二つ実をつけました。来月はお米も収穫できそうです。
 昨日はゴーヤを4本ほど採りましたが、よく見たら今日は棚で二つほど爆発している黄色いゴーヤが発見されました真っ赤な綿に包まれている種を洗って、実は甘いという評判なので、急きょ甘辛く炒めておひるご飯に。甘いといってもゴーヤです。ほろ苦さは存分に味わいました。
今日はヨウシュヤマゴボウで、和紙を染めました。素敵なものになる予定です。


サッカーが大流行。午前も午後も、ほぼ子どもたちだけでチーム分けも上手にして、12〜13人ほどでよく遊んでいます。

9月1日
2学期が始まりました。すっきりとした青い空の下で思いっきり体操をして、畑や田んぼを見て、サッカーボールを蹴ったり。ブランコに乗ったり、ヨウシュヤマゴボウやオシロイバナで色水を作ったり、短い時間でしたがのんびり遊びました。
災害を想定した訓練も行いました。自宅や駅から歩いてお迎えに来られたおうちの方、訓練への協力ありがとうございました。来週からまた元気にたくさん遊びたいと思います。


みどり幼児園の保育方針
子どもの「遊び」を大切にする
子どもの心に共感する
子どもの育つ力を信じて見守る
自然に囲まれた環境
蝶やトンボ、バッタが育つ野原、子どもたちが野菜を育てる畑等があります。
虫とり、木登り、お花摘み、泥あそび等、自然を仲間に思いきり遊びます。
遊びこむ力
あふれんばかりの好奇心を持ち、五感をフルに使って遊びこむ。楽しいことは心を解放します。
そんな中で真の探究心、協調性、創造力が育つと考えます。
子どもの持っている時間の流れを大切にできる環境を用意します。
少人数制
ひとりひとりの育ちの違いは様々です。でもどの子も必ず育つ、その力を信じています。
あたたかい家庭的な雰囲気の中で、ゆったりと《見守り・待つ》保育を
モットーにしています。
© Midori Yojien All Right Reserved.  e-mail  midoriyoujien@siren.ocn.ne.jp